旅行

函館に旅行に来るならラビスタ函館ベイに泊まるしかない!

正月にクリスマスの話を書くのも季節外れな話なんですが即時性のないブログなので気にしないことにします。クリスマスに何か食べに行かないと! と思い立ったのがクリスマス当日の10日ほど前だったので、めぼしいところは軒並み予約でいっぱいになっているこ…

2017台湾旅行 ~その12~ 帰国

短いようで長かった、たった2泊3日でもものすごく密度が濃かった台湾旅行も無事終わり、あとは帰るだけとなりました。台北城大飯店は朝ごはんより早く出発するお客さんのためにお弁当を用意してくれるサービスまでありました。中身はサンドイッチ(結構美…

2017台湾旅行 ~その11~ 阿城鵝肉で至高のガチョウ肉を食べる

台北101を出たら、いよいよ台湾滞在での最後の夕食となります。実は、台湾で絶対食べようと思っていたのがガチョウ料理でした。howto-taiwan.comこの記事を読んで、「そんなに美味しいのなら是非食べたい」と思っていました。台湾料理ならだいたい日本で…

2017台湾旅行 ~その10~ 台北101で夜景を見る

さて本日のメインイベント、台北101の展望台を目指します。高層階のスタバを使えば展望台の料金を払わなくても景色が見れるとか、レストランで夜景を楽しむとかいろいろ裏技は見ていましたが、フードコートの混雑っぷりを見ると余計なことをしても無駄な…

2017台湾旅行 ~その9~ 龍山寺・永康街

本当は迪化街のあとは台湾のプラモデル屋さんに行ったりする予定だったんですが、歩いて行くには暑すぎるし、タクシーで行くと開店前に着いてしまうだろうしで調査不足がたたったので、ここはスルーして次の目的地である龍山寺に向かうことにしました。地下…

2017台湾旅行 ~その8~ 踏んだり蹴ったりの迪化街

台湾旅行最終日は特に大きなイベントを入れず、台北の街をテキトーに見て回ることにしていました。というか仕事が忙しくて下調べをする時間がなく、九份までの計画を立てるだけでタイムアップして、行き当たりばったりになってしまったというのが主な理由。…

2017台湾旅行 ~その7~ 九份の夜景は最高だった

お茶を飲んで一息ついて探索を再開し、賑やかな通りの終点までたどり着きました。すると、眼下にもう一つの黄金博物館があります。さっきの民家に毛が生えたようなのとは規模が違うし、これはちょっとこっちも覗いてみようということになり、急な階段を下っ…

2017台湾旅行 ~その6~ 九份のその他スポット

九份にはお茶屋さん以外にもマイナーな見どころがたくさんありました。今回は閑話休題で、そんなちょっと気になるスポットや、適当に撮った写真などを自由にアップしてみます。九份が謎なのは、犬やら猫やらが自由に闊歩しているところ。呼んでもこっちを向…

2017台湾旅行 ~その5~ 九份で千と千尋の神隠し気分を味わってきた

夕方から混んでくると言われている九分は、お昼の時点で「夜市か!」とツッコミを入れたくなるぐらい人で溢れていました。そういえば京都に行った時、清水寺に向かうタクシーの運転手さんから「この時期はオフシーズンでお客さんが少ないでありんす」的なこ…

2017台湾旅行 ~その4~ 九份に向けて出発

台湾旅行2日目は、今回の旅行のメインイベントである九份に向かいます。九份は台湾の伝統的な風景が色濃く残る街で、千と千尋の神隠しの神隠しのモデルになったともなってないとも言われる(笑)神秘的な夜景が人気の観光スポットです。www.taipeinavi.com…

2017台湾旅行 ~その3~ 寧夏夜市に突入

さてホテルに荷物を置いて身軽になったなら、いよいよ台湾名物の夜市へと繰り出します。夜でも楽しめるのが台湾の良いところ!台湾でいちばん有名な士林夜市は市内の中心部から離れたところにあるのでパスするとして、狙うのは今回宿泊した台湾城大飯店のす…

2017台湾旅行 ~その2~ 桃園国際空港に到着

台湾旅行記の続き。ご飯を食べてお酒を飲んで寝ていたら別の国に着くなんて、国際線は天国みたいだな~と思ったのが前回まで。いよいよ台湾国内に足を踏み入れたわけですが、感慨にふける前に桃園国際空港でやっておくことが3つあります。 台湾ドルへの両替…

2017台湾旅行 ~その1~ エバー航空で台湾へ

最近仕事が忙しくてブログの更新もままならず、それでもどうにか一山越えることが出来たので、合間を見て台湾まで旅行に行ってきました。海外旅行と言ってもお隣の国なので猛烈に安いところがポイント。2泊3日で24,800円とか、下手に国内に行くより安い値…

見市温泉旅館で素晴らしい露天風呂に出会った

素晴らしき海鮮丼を堪能した後は再び温泉で〆。熊の湯に続いて訪れたのは,見市温泉旅館です。このひなびた雰囲気がいいですよね~。ザ・秘湯というたたずまい。アットホームな雰囲気の広間を抜けていくと,しかし非常に立派な作りの食堂があって,泊まって…

熊石で海鮮丼を食べてきました

素晴らしい温泉に浸かった後はさて腹ごしらえだと思ったら、さすがに時間が早すぎて開店時間までまだ一時間ほど時間があります。そこで、熊の湯から少し下ったところにある熊石歴史記念館に寄ってみました。www.town.yakumo.lg.jpHPには詳細が全然なくてなん…

熊の湯に行って熊に出会った

最近はずっと檜山地方の秘湯名湯を巡って歩いています。函館と逆サイドの日本海側は比較的道が空いているというのもいいし、車がいいから初夏の北海道を駆け抜けるのも楽しいし、BGMは中国語講座なので復習にもなる、でもって今まで知らなかった良い温泉や名…

北海道の夜明けはここにあった

勝山館跡ガイダンス施設で上ノ国町の歴史を堪能した後は、さらに山の上に足を伸ばしてみました。風力発電がたくさん並んでいるので、それをバックに車の写真が撮れないかなという軽い気持ちだったのですが、予想以上に謎の施設を発見してしまいました。それ…

大河ドラマの題材にして欲しい偉人ナンバーワンは武田信広(自分の中で)

湯ノ岱温泉の素晴らしいお湯を堪能してウニの炊き込みご飯も食べて、天気もいいしあとはまったり史跡巡りでもして過ごそうと思いました。ここ上ノ国町は松前と江差という知名度的にはダントツに高い2つの町に挟まれていまいち知名度が低いんですよね。一方…

上ノ国町でもウニを食べてきました

素晴らしい温泉を堪能した後は腹ごしらえですよね~。上ノ国町観光協会というわけで上ノ国町内の飲食店を検索したりしたんですが、HPが消滅していたり(悲しい)、名物料理が山菜やキノコが載った丼だったり(海鮮が食べたいのです)して、いまいち触手が蠢…

上ノ国町で素晴らしいお湯に出会った ~湯ノ岱温泉~

この前は松前方面の温泉を狙って足を伸ばしてきたので、今回はそれよりもちょっと上にある、江差方面を狙ってみようと思いました。函館から江差に行くには、南回りで上ノ国町を通ってから北上するコースと、北回りで国道227号を通るコースの大きく二通り…

松前藩屋敷に行ってきました

なんだか手順前後であれなんですが、先日松前にウニを食べに行った時のその後の話。pikaring.hatenablog.comウニ丼だけで帰るのはもったいないので、温泉にでも入ってこようと考えました。検索したところ松前には松前温泉休養センターと、温泉旅館矢野が日帰…

いても立ってもいられなくなって唐突にウニ丼を食べに行ってきました

いったんウニのことを考え始めると止まらなくなってしまいました。もはや脳みそがすべてウニに置き換わってしまったと行っても過言ではないようなウニ人間になったため、起きてすぐGoogleで「北海道 ウニ」で検索する始末。調べてみるとどうやらウニは北海道…

台湾に行きたいワン

旅に出たい。時々そんなことを思うことがあります。ヨーロッパは2回行って、しばらくは行かなくてもいいかもしれない。行ってみたいのはフランスとドイツ? あとはオーロラを見にフィンランドだけど、旅をする日数や金額を考えるとなかなかバランスが取れな…

2017秘湯めぐりin後志 ~みなとま~れ寿都~

みうらや温泉を出てから、そのまま南下して寿都町へ向かいました。目的は昼ごはん。港町なのでウリは新鮮な魚介類で、人気の牡蠣番屋があったりもします。だけど牡蠣は自分しか食べられないし、そうなると1kgはとても無理。さらにそーゆーお店だとだいた…

2017秘湯めぐりin後志 ~みうらや温泉旅館~

今回の秘湯めぐりの最後を締めくくるのは、北海道の温泉の中でもトップクラスに秘湯だと名高い「雷電湯元 朝日温泉」にする予定でした。 雷電湯元 朝日温泉ところがこの温泉、台風の被害にあって半壊し、さらに山奥にありすぎて修復ができないという事情もあ…

2017秘湯めぐりin後志 ~とまりん館~

泊村までやってきたならぜひ寄っておきたい観光スポットは、何と言っても「とまりん館」です。www.hepco.co.jp安直ににここを観光スポットと呼んでいいものかどうか迷ってしまうのですが、ここは北海道唯一の原子力発電所である泊原発のPRセンター! なんと…

2017秘湯めぐりin後志 ~蘭越町貝の館~

新見温泉から岩内町に抜けるルートが封鎖されていたせいで、一旦平地に降りて海沿いを進むルートに変更せざるを得ませんでした。ですが、遠回りと行っても大した距離じゃないし、他に寄るところも決めていなかったし、それになにより下りの道は緩やかなワイ…

2017秘湯めぐりin後志 ~新見温泉~

お蕎麦を食べてお腹がいっぱいになったところで次なる秘湯を目指して出発です。次の目的地は「新見温泉」。場所的にはいつも利用している「雪秩父」から、チセヌプリを挟んで反対側になります。ということは観光客が集まるヒラフやアンヌプリから遠くはなれ…

2017秘湯めぐりin後志 ~そば処 楽一~

鯉川温泉を出たのが11時過ぎくらいだったので、次の温泉に向かう前に、お昼ごはんをニセコのあたりで食べようという話になりました。山の奥に入ってしまうと食べにくくなるし、まだちょっと早いけれど、早いのを逆手に取って人気店にオープン前から並んでし…

2017秘湯めぐりin後志 ~鯉川温泉~

去年のGWはニセコに一泊二日で日帰り温泉ツアーに行ってきました。宿泊しているのに日帰りとはなんぞや、と思った方は去年の日記をどうぞ。pikaring.hatenablog.comたくさんの日帰り温泉を巡って大満足だったんですが、一つだけ心残りがありました。それは、…