読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜のかあさん食堂で鹿部プレミアムたらこ御膳を食べてきました

ひょんなことから鹿部町まで足を伸ばすことになったので、昼食を道の駅でいただくことにしました。www.town.shiriuchi.hokkaido.jpメニューはこちら、鹿部プレミアムたらこ御膳です!名称の割にプレミアム感がないのは気のせいでしょうか(^_^;) 先週、特製牡…

道の駅きこない&北海道新幹線木古内ビュースポット展望台

せっかく知内まで遠出をしたことだし天気が良ければ漁港の写真やなにかを撮ろうと思っていたんですが、行きは吹雪だったし、帰りは温泉に入ったあとだったので湯冷めするといけないからパスして、無難に道の駅に寄って帰ることにしました。ここの道の駅は北…

知内町で特製牡蠣御膳を食べてきました

牡蠣の旬といえば冬。牡蠣の産卵時期は春なので、産卵に向けて栄養を溜め込んでいる今の時期がいちばん栄養があって美味しい、ということだそうです。かき小屋知内番屋 関連ランキング:居酒屋 | 木古内というわけで道南は知内町にあります知内番屋に牡蠣を…

大沼鶴雅オーベルジュ エプイに泊まってきました

記念日なのでちょっと贅沢をして、七飯町は大沼に新しくできたオーべルージュ、エプイに泊まってきました。www.onuma-epuy.comオーべルージュとは郊外にある、宿泊施設つきのレストランという意味で、食事が主、宿泊が従というのが一般のホテルとは異なると…

下北半島一周の旅 ~美しい自然と、それを脅かす存在と~

恐山の朝は早い。朝食前にお勤めがあるので6時起床、6時30分に本堂に集まることになっている。自分はと言えば5時前に起きて、明け方にこっそりと宿坊を抜け出した。お目当ては女湯。と言っても覗き見をするわけではなく(そもそも入っている人がいない…

下北半島一周の旅 ~健康で文化的な最高限度の生活をしよう~

さて恐山を観光し終えて旅の二日目は終わりを迎えようとしているのだが、実はここから先がクライマックスだったりするから油断がならない。今回の旅行のメインイベントは、恐山の宿坊に泊まることだったのだ。恐山温泉宿坊吉祥閣|青森県観光情報サイト アプ…

下北半島一周の旅 ~恐山など恐るるに足らず~

仏ヶ浦から佐井港に戻ってきて、11時には本日の目的地である恐山を目指して出発した。下北半島は大間町とむつ市、そして脇野沢を結んだ三角形のような形をしており、佐井村から恐山があるむつ市まで向かうにはおおよそ3パターンの通り方がある。この中で…

下北半島一周の旅 ~神の御業か仏ヶ浦~

旅の一日目は楽しく飲んで部屋に戻ってそれこそ泥のように寝付いたけれど、酒は好きだが弱い方なので酒量はそれほどでもなく、多分4合ぐらい飲んだかな、それも日本酒ばかりなので特に二日酔いになることもなく定刻に目覚めることができた。それでもだいぶ…

下北半島一周の旅 ~佐井村の民宿に泊まる~

函館に住んでいると津軽海峡を挟んで対岸の下北半島の大間町を見る機会が多い。高いところに登って海の方に目をやれば、晴れた日には建物の色がわかるぐらいにはっきりと街の様子が見えてしまう。だけどそのぐらいに近くても、心理的距離感はものすごく、遠…

山の日なので森の山に登ってきた

前回の記事の続き。せっかく森町まで来たのにイカ飯だけ食べて帰るのはもったいないと思い、近くでどこか寄るところはないかと考えて、そういえばいつも札幌に行く途中で「鳥崎八景」と書かれた看板をよく見るな、ということを思い出した。普段は行くか帰る…

山の日なので森へ行ってきた

よく読んでいるブログに「阿部商店のいかめし」が美味いという記事がアップされており、まさかのレトルト商品化!?「阿部商店のいかめし」を食べてみた! – あれ作って食べてみたレトルトになるということは有名な店なんだろうけれど、寡聞にして存じあげな…

北斗市で焼き牡蠣とウニ丼を堪能してきた

積丹半島のウニが食べたい。www.tabirai.netしかし積丹半島は遠いし、泊まるにしてもこの時期はすでに旅館が一杯になってしまっていた。北海道でウニを食べようと思ったらもう一つの選択肢は奥尻島。しかも今ならフェリー代金片道無料キャンペーン中とのこと…

2016弾丸日帰り入浴ツアーinニセコ

今年のGWは暦通りに休めたので、一泊二日でニセコに日帰り温泉ツアーに行ってきました。宿泊するのに日帰りとはなんぞや? というと、実はニセコはスキーだけじゃなくて一大温泉地帯でもあります。温泉で検索するとこのとおり。というわけで、一泊二日で行け…

銀婚湯に行ってきました(2ヶ月前に)

桜の写真を現像するためにDP1xをPCに繋げたら、3月に銀婚湯に行った時の写真が出てきたのでついでに掲載してみる。www.ginkonyu.com銀婚湯は『日本秘湯を守る会』に属していて、森のなかの貸し切り露天風呂を楽しむことができます。こんな雪の道を通って、白…

また行きたい、すぐ行きたい―4泊5日沖縄旅行その12

長いようであっという間に終わってしまうのが楽しい旅の悲しいところ。そんなわけで、長かった沖縄旅行もついに最終日が来てしまいました。 JALシティ首里の朝食がベスト賞 JALシティ首里の朝食は今回泊まった3ホテルの中でベストでした。ヒルトンは普通の…

ガッカリ名所だなんてとんでもない!―4泊5日沖縄旅行その11

今日の最終目的地は日本三大ガッカリ観光地の一つとして名高い首里城です。とりあえずホテルにチェックインして荷物をおいて、日が傾きだす頃まで一休み。7月から9月の間は夜8時30分まで開園しているので、涼しくなってから向かっても十分に間に合いま…

アメリカンな日―4泊5日沖縄旅行その10

ブセナテラスを出発して一路南へ。往路は高速道路を使って一気に進んだので、復路は一般道を通ってのんびりと、いろいろ寄り道をしながら那覇市を目指します。 万座毛 まずは沖縄随一と言われる景勝地であるところの万座毛へ。”まんざげ”ではなく”まんざもう…

たまには贅沢も―4泊5日沖縄旅行その9

3日目の宿泊先は沖縄が誇る超豪華リゾートホテル、ブセナテラスです\(^o^)/www.terrace.co.jpこんな高級ホテルが基本プランに入っているはずはもちろんありませんので追加料金をしこたまとられましたが(汗)、レビューを読むと「一生に一度は泊まった方が…

自然こそ沖縄―4泊5日沖縄旅行その8

ぜんざいを食べたのが16時ころで、この後どうしようか検討しました。まっすぐホテルに戻ったところで特にやることもないし、夕飯を食べる時間も微妙になりそう。ですがここは沖縄。日が暮れるにはまだまだ時間があります。というわけで一旦北の方に戻って…

ジンベイザメとたわむれたいだけの水族館だった―4泊5日沖縄旅行その7

昼ごはんを食べていよいよ美ら海水族館へ。下調べした情報によると、駐車場はP6かP7の立体駐車場にすべしとのことなので、屋外の駐車場を避けて先へ進みます。ちょうど昼過ぎで日差しのパワーも最高潮で、こんな時に炎天下に駐車したら車内は灼熱地獄でしょ…

沖縄そばの真髄に触れる―4泊5日沖縄旅行その6

4泊5日の沖縄旅行は早くも折り返し地点の3日目に差し掛かりました。この日は美ら海水族館を目指して北へロングドライブ。前の日のダイビングの疲れは多少残っているものの、のんびり安全運転で行くには問題ないレベル。っていうかそもそも沖縄は狭いんで…

国際通りと牧志公設市場―4泊5日沖縄旅行その5

ステーキを食べて元気が出てきたので、地元スーパーにおみやげを買いに行きました。 タウンプラザかねひで西町店 一見普通のスーパーなのに、右も左も沖縄食材だらけでかなり面白い。沖縄料理は「観光客用」ではなく、地元に根づいた食べ物だというのが実感…

疲れた時はお肉に限る―4泊5日沖縄旅行その4

お昼ごはんを食べてエネルギーを回復して、さあもう一本ダイビングに行くか!と思ったのですがまだ体験ダイビングを済ませていない人がいるようだったので、それが終るまではインストラクターの手が空かないだろうし、しばしの間シュノーケリングを楽しむこ…

はじめてのダイビング―4泊5日沖縄旅行その3

2日目は慶良間諸島での体験ダイビング。未経験者でもボンベを背負って海中散歩ができるということで、期待に胸が高鳴りまくりです。www.marine-p.comこちらのマリーンプロダクトさんは体験ダイビングが丸一日で10,000円と超格安で、しかも水中カメラ…

猫の島で夕陽を眺める―4泊5日沖縄旅行その2

沖縄の暑さによる洗礼をぜんざいを食べることでなんとか乗り越えたので、瀬長島まで夕陽を見に行くことにしました。駐車場に車を停めるとすぐに夕日スポット。瀬長島は那覇空港のすぐ南側にある、橋で繋がれた小島です。昔は野球場ぐらいしか無かったような…

さんぴん茶とジャスミン茶の違いとは―4泊5日沖縄旅行その1

初日は羽田で乗り換えて沖縄へ。念のため一本遅い飛行機にしたのですがその便も我々の乗る便も満員で、ダブルブッキングで後の飛行機に移ってくれる人を募集するアナウンスがあるほどでした。9月からはオフシーズンじゃなかったのか。暇人が多い!←飛行機の…

暑いにもほどがある!―4泊5日沖縄旅行その0

今となってはその暑さが懐かしい…。というわけで行ってきました沖縄へ。こちら北海道は「そろそろストーブを炊こうかな」なんて声が聞こえるレベルに冷え込んできているんですがさすが南国、9月でも夏真っ盛りの日々でした。正直最初はなめてました。今年は…

北海道旅行 有珠山・洞爺湖 その3 ~西山山麓火口散策路散策路編~

有珠山の火山遺構、噴火によって被災した建物が見られる散策路は、金比羅山と西山の二箇所あります。 洞爺湖町 ふたつの火山散策路西山の散策路には北口と南口の2つの入口ががありますが、南口から行けば、被災した幼稚園や工場などを見ることができるよう…

北海道旅行 有珠山・洞爺湖 その2 ~金比羅火口災害遺構散策路編~

有珠山と昭和新山を見た後は、いよいよ本命の、2000年の噴火によって被災した市街地がそのまま保存されているという、『金比羅火口災害遺構散策路』へと向かいました。この散策路は「洞爺湖ビジターセンター」のすぐそばから始まっているので、まずはそ…

北海道旅行 有珠山・洞爺湖 その1 ~有珠山ロープウェイ編~

御嶽山の噴火に触発されたわけではないのですが、急に火山が見たくなって有珠山に行ってきました。なにやら有珠山には、火砕流で被害にあった施設をそのままに保存している「有珠山火山遺構」というのがあるらしいのです。堂々と見学してもいい廃墟! 近所に…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その7 ~登別温泉と地獄谷~

富良野から登別温泉へとやってきました。 美術館の人に「これから登別温泉に行くの!?」と驚かれましたが、確かに遠かったかも(^_^;) 花鐘亭はなや 旅館は楽天の口コミで一番良かったところに決めましたが、ここは本当に良かったです。自分が今まで宿泊した…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その6 ~富良野で万華鏡制作体験~

この日は本当なら朝早く起きて気球に乗ってみたかったんですが、あいにくの天候で中止になってしまいました。残念。それでも曇っていたのは早朝だけで、日が昇るとすぐに天候は回復して夏らしい天気になってきました。 ふらのやまべ美ゅーじあむ ふらび ふら…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その5 ~新富良野プリンスホテル編~

ポツポツと雨が降ってきたし、そろそろ富良野に行く時間だったのでアザラシ館はパスして帰ることにしました。また来た時に見ればいいし、その時には設備も大きく変わっているかもしれないし。 13時から16時過ぎまで、3時間を駆け足で見たけど全然足りな…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その4 ~旭山動物園編(3)~

もうじゅう館のあとはペンギン館としろくま館に。 しろくまはもぐもぐタイム直後だったのでまったりしていました。期待のダイブは無し。 正直ここらへんで疲れていたし、雨も降りそうになっていたので、キリンとカバは見なくてもいいかなと思っていました。…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その3 ~旭山動物園編(2)~

サルと北海道の動物たちを見て、エゾシカ&オオカミの森に行きました。シカはまあ、見慣れているので感動はないんですが(^_^;)、オオカミは貫禄がありました。デカい犬とかそういうレベルじゃない。群れで集まって木陰で涼んでいて、何か気になる物音が聞こ…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その2 ~旭山動物園編(1)~

不穏な天気予報が一転、晴れ間の見える夏らしい陽気になってきた旭川市内。さあ!いよいよ旭山動物園だ! 旭山動物園 旭山動物園ホームページへ転送します 駐車場がいっぱいなので、動物園の上の方にある東口入場門近くにある無料駐車場に車を止めて入りまし…

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その1 ~旭川ラーメン編~

わりと大きなイベントがあって残業代やら休日出勤が増えると海外に旅行に行ったりするんですが、今年は何にもなかったので(^_^;)普通に国内というか道内を旅行することにしました。その代わり、気軽には行けない旭川方面に足を伸ばしてみようかな、と。 折し…

2014弘前さくらまつり

HEATという字を見ると「成形炸薬弾か!?」と思うレベルの戦車脳です(^_^;) というわけで2年ぶりに弘前へ、桜を見に行ってきました。 去年は平泉に行ったんですが(盛岡三大麺食べ比べの旅 - 鵜の目鷹の目 )、岩手県はちょっと遠かった。函館から弘前まで…

ミュシャ展に行ってきました

札幌道立近代美術館で開催されているミュシャ展に行ってきました。 http://www.stv.ne.jp/event/mucha/index.html ミュシャって誰?という人もいると思うんですが、目にしたことがある人は多いと思います。山田章博っぽい絵を描くあの人です(逆かw) 地元…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その13~ そうやすやすとは帰さない

ローマ最終日は、15時の飛行機で日本に帰ることになっていました。いつの間にか最終日! 長かったような短かったような、まだ残りたいような早く帰りたいようなそんな気持ちです。 この日は予定を全く入れておらず、何かあった時の予備日にしていました。 …

2013イギリス・イタリア旅行 ~その11~ 自分の中の世界が少しだけ大きくなる

サン・ピエトロ大聖堂をあとにして、文字どおり背中を向けて大通りをまっすぐ歩いて行くと、サンタンジェロ城にたどり着きます。時間はもう18時を回っているのにまだ青空。サマータイムだからかな? 夕方になってもこんなに明るいなら、サマータイム導入も悪…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その10~ すべての道はローマから出てる

バチカン美術館を二周して疲れたので、ここらで昼食にすることにしました。バチカン周辺は混み合っていますが、そこから北に2ブロックも離れると人混みの喧騒から離れ、だいぶ落ち着いた雰囲気になります。 Osteria delle Comari 大きな地図で見る ここはオ…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その9~ バチカンでニンジャになる

時刻表はない! 近くのパブでビールを飲んで一休みし(観光地から離れると物価がグンと安くなります),バスかトラムでテルミニ駅まで戻ろうと,停留所まで移動しました。バスは苦手なのですが,何番がどこに行くかの説明が大書してあるので親切です。ただ,…

イタリア ローマでXperia tipoを使ってきました

Xperia tipoで海外旅行チャレンジ,第二弾はイタリアです。 テルミニ駅のTIMは,ホームから線路が切れている方にまっすぐ進んで*1太い通路*2に出て,向かい側の2階にあります。1階には同じく携帯ショップのWINDのオレンジの店舗があるので目印になるはず。WI…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その8~ 予期せずに聖遺物を見る

エマヌエーレ2世記念堂 ずっと歩いて再びヴェネチア広場まで戻ってきました。ここは入場無料ですが,屋上に上がるリフト代は有料で7ユーロ。行列に並んで順番を待ちます。 ここはガイドブックにはそれほど詳しく紹介されていないのですが,7ユーロ払って…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その7~ 地獄かと思ったら天国だった

ローマ2日目(実質1日目)の朝は、ホテルの食堂で朝食を取りました。ローマのCapitol hotelもロンドンのRoyal national hotelと同様、食べ物はパンのみという潔さです。半地下のこじんまりとしたスペースですが、絵が飾ってあったりと雰囲気はまあまあでした…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その6~ ローマでいきなりの先制パンチを浴びる

夕暮れのヨーロッパ上空を飛び越えて、再びフィウミチーノ空港へやってきました。入国手続を終えてローマ市内に移動するため、レオナルド・エクスプレスという直通列車を利用することにしました。 自販機は今日も動かない 空港は終点なので線路はここで行き…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その5~ 2日続けて大英帝国の威信を思い知る

この日は少し早起きしてホテルの食堂に行きました。 無料だと食べ物はパンのみ!というシンプルなもので、ベーコンや卵などのイングリッシュブレックファストは有料です。隣に座った外人さんは無料のパンに、マーガリンとジャムをこれでもかと盛りつけて食べ…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その4~ 大英帝国の威信を思い知る

ベイカーストリートを後にした我々は、地下鉄でキングス・クロス駅へと向かいました。ここはハリー・ポッターファンならだれでも知っている、ホグワーツ魔法学校へとつながるホームがあることで有名ですが、自分はそこまで思い入れがないので華麗にスルーw …

2013イギリス・イタリア旅行 ~その3~ 聖地巡礼は二度美味しい

昨日さんざんけなしたRoyal National Hotelですが、言うほどそんなにひどいわけではないです。部屋もタオルも綺麗で、フロントも親切だし、覚悟していけば大丈夫なレベル。安ホテルのレベルが日本とは違うだけで(スーパーホテルをロンドンに持って行ったら…