読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013イギリス・イタリア旅行 ~その13~ そうやすやすとは帰さない

ローマ最終日は、15時の飛行機で日本に帰ることになっていました。いつの間にか最終日! 長かったような短かったような、まだ残りたいような早く帰りたいようなそんな気持ちです。 この日は予定を全く入れておらず、何かあった時の予備日にしていました。 …

2013イギリス・イタリア旅行 ~その11~ 自分の中の世界が少しだけ大きくなる

サン・ピエトロ大聖堂をあとにして、文字どおり背中を向けて大通りをまっすぐ歩いて行くと、サンタンジェロ城にたどり着きます。時間はもう18時を回っているのにまだ青空。サマータイムだからかな? 夕方になってもこんなに明るいなら、サマータイム導入も悪…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その10~ すべての道はローマから出てる

バチカン美術館を二周して疲れたので、ここらで昼食にすることにしました。バチカン周辺は混み合っていますが、そこから北に2ブロックも離れると人混みの喧騒から離れ、だいぶ落ち着いた雰囲気になります。 Osteria delle Comari 大きな地図で見る ここはオ…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その9~ バチカンでニンジャになる

時刻表はない! 近くのパブでビールを飲んで一休みし(観光地から離れると物価がグンと安くなります),バスかトラムでテルミニ駅まで戻ろうと,停留所まで移動しました。バスは苦手なのですが,何番がどこに行くかの説明が大書してあるので親切です。ただ,…

イタリア ローマでXperia tipoを使ってきました

Xperia tipoで海外旅行チャレンジ,第二弾はイタリアです。 テルミニ駅のTIMは,ホームから線路が切れている方にまっすぐ進んで*1太い通路*2に出て,向かい側の2階にあります。1階には同じく携帯ショップのWINDのオレンジの店舗があるので目印になるはず。WI…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その8~ 予期せずに聖遺物を見る

エマヌエーレ2世記念堂 ずっと歩いて再びヴェネチア広場まで戻ってきました。ここは入場無料ですが,屋上に上がるリフト代は有料で7ユーロ。行列に並んで順番を待ちます。 ここはガイドブックにはそれほど詳しく紹介されていないのですが,7ユーロ払って…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その7~ 地獄かと思ったら天国だった

ローマ2日目(実質1日目)の朝は、ホテルの食堂で朝食を取りました。ローマのCapitol hotelもロンドンのRoyal national hotelと同様、食べ物はパンのみという潔さです。半地下のこじんまりとしたスペースですが、絵が飾ってあったりと雰囲気はまあまあでした…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その6~ ローマでいきなりの先制パンチを浴びる

夕暮れのヨーロッパ上空を飛び越えて、再びフィウミチーノ空港へやってきました。入国手続を終えてローマ市内に移動するため、レオナルド・エクスプレスという直通列車を利用することにしました。 自販機は今日も動かない 空港は終点なので線路はここで行き…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その5~ 2日続けて大英帝国の威信を思い知る

この日は少し早起きしてホテルの食堂に行きました。 無料だと食べ物はパンのみ!というシンプルなもので、ベーコンや卵などのイングリッシュブレックファストは有料です。隣に座った外人さんは無料のパンに、マーガリンとジャムをこれでもかと盛りつけて食べ…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その4~ 大英帝国の威信を思い知る

ベイカーストリートを後にした我々は、地下鉄でキングス・クロス駅へと向かいました。ここはハリー・ポッターファンならだれでも知っている、ホグワーツ魔法学校へとつながるホームがあることで有名ですが、自分はそこまで思い入れがないので華麗にスルーw …

2013イギリス・イタリア旅行 ~その3~ 聖地巡礼は二度美味しい

昨日さんざんけなしたRoyal National Hotelですが、言うほどそんなにひどいわけではないです。部屋もタオルも綺麗で、フロントも親切だし、覚悟していけば大丈夫なレベル。安ホテルのレベルが日本とは違うだけで(スーパーホテルをロンドンに持って行ったら…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その2~ イギリスの国民宿舎!?

というわけで、ロンドンの地に降り立ったところまで少しさかのぼります。 到着は午後11時ころでしたが、飛行機を降りて入国審査に至る通路で「EU国民以外はこっち!」の案内看板のせいでものすごく遠回りさせられたり(自分たち以外2人しか歩いていなかっ…

イギリス ロンドンでXperia tipoを使ってきました

ヒースロー空港に到着したのは午後11時過ぎでした。 ここで取り出しましたるは我らがXperia tipo。海外で現地のSIMカードを使って格安でインターネットを使おう!という目的がいよいよ達成される時が来たのです。 Sony Xperia tipo dual ST21i2 Black SIM…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その1~ 地球の自転を遡って飛ぶ

旅行に行くにあたって気をつけなければならないのが荷物の量。飛行機にあずけてしまうと受け取るまでに時間が掛かるし、途中でなくなってしまうのも危険性もあるので、今回もすべて手荷物で収まる範囲でまとめました。 手荷物で持ち込めるサイズのスーツケー…

2013イギリス・イタリア旅行 ~その0~ 行き先に悩むのも旅の楽しさ

この前スペインとオランダに行ってから、また海外旅行に行きたいなあとぼんやり思っていたところ、去年から今年にかけて大きな仕事が発生してイレギュラーに懐が暖かくなったので、ちょっと間隔は短いのですが再び海外旅行へ行くことにしました。 目的地を考…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part8

アムステルダムは今にも雨が振りそうなお天気。曇天模様がよく似合う薄汚れた街。雰囲気がどこかサイバーパンクだ。 大きな地図で見る ホテルは駅横のHotel Ibis Amsterdam Centreにしていた。とりあえず荷物を置きに行くと、場所がいいからかフロントはもの…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part7

バルセロナは最終日も晴れていた。夜に霧が出ること以外は、雨もふらず天候に恵まれていてラッキー。日頃の行いが良いせいだねえ。 フロントにタクシーを呼んでもらって空港へ。 「コールタクシープリーズ!」 スペインでは結局ほとんどスペイン語を使わなか…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part6

昼食を食べていよいよダリのアトリエ、卵の家に突撃だ。 ポカポカ陽気なんだけど、海からの風は冷えきっていて結構寒い。平均気温は高いけど乾燥しているので、この時期に訪れる人は油断せず冬用の装備で来たほうがいいかもしれない。 ポートリガトの穏やか…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part5

泥のようにぐっすりと眠った効果で前日までの疲れはどこへやら、すっきりと目覚めることができた。寒い中薄着で歩いた上に、スペインの乾燥した風で喉が痛い気がしていたので不安だったのだけど、この時の自分はブースト的なものが効いていたのかもしれない…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part4

サグラダ・ファミリアを120%満喫し、さらに貪欲にガウディ建築を堪能するべく我々はタクシーに乗り込んだ。 スペインはタクシーの初乗り料金が安くて助かる。2ユーロくらいからスタートで、市内を移動する時は6、7ユーロくらいで済んだ。二人以上で移…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part3

初日からいろいろあったけど、宿泊したAmrey Sant Pauホテルの部屋が思った以上に立派だったことでだいぶ取り戻せたような気がした。大きな地図で見る広々としてお湯の出も良く、アメニティも充実している。市内中心部から少し離れているとはいえサグラダ・…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part2

バルセロナにたどり着いたのは夜7時。 時差が8時間あるから日本時間は翌日の午前3時で出発したのがお昼の12時だから、スペインまでの所要時間は合計15時間! ヨーロッパは遠いなあ。航空運賃は安いけど、時間の壁はまだ健在だ。 スキポール空港で入国…

はじめてのヨーロッパ 〜ガウディとダリを訪ねて〜 Part1

去年は京都に行ったから、今年はどこか海外に行きたいねと言ったらサグラダ・ファミリアが見たいというので颯爽と予約をしたのは1月の末のことだった。出発まで約90日。早すぎるのではという声もあったが、兵は拙速を尊ぶというではないか。 バルセロナに…