読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016弾丸日帰り入浴ツアーinニセコ

旅行

今年のGWは暦通りに休めたので、一泊二日でニセコ日帰り温泉ツアーに行ってきました。宿泊するのに日帰りとはなんぞや? というと、実はニセコはスキーだけじゃなくて一大温泉地帯でもあります。

温泉で検索するとこのとおり。というわけで、一泊二日で行ける限りの日帰り温泉を巡って体力の続く限り癒やされよう! というチャレンジです。

宿泊先はニセコグランドホテル。ほかに3ヶ所の日帰り温泉を利用できる、「【湯めぐりパスポート付】1泊朝食スタンダードプラン」を選びました。

外観はあまり「グランド」って感じではないんですけどね…。施設は古臭く、部屋はタバコ臭く、夕食は(夕食ありのプランが高かったこともあり)他のところで食べることにして朝食だけにしましたが、オール仕出しという感じでイマイチどころの騒ぎじゃなかったですね~。でもまあ、値段相応ではあります。

とりあえず荷物をおいて、温泉巡りに出発!

湯心亭

湯めぐりパスポートに含まれている旅館のうち、湯心亭は以前に泊まったことがあるので今回はパス。

pikaring.hatenablog.com

ちなみに湯心亭は露天風呂が広くて気持ちよく、外観はアパートみたいで「あれ?」っと思うのですが料理も美味しいのでオススメです。前回味わいそこねた夕食を食べてみたかったのですが、予約する時期が遅かったせいですでにいっぱいでした。

いこいの湯宿 いろは

一軒目に伺ったいろはは建物が立派で、さらにスタッフの方の応対も丁寧で、かなり良さそうな雰囲気を感じました。これはちょっと泊まってみたい。日帰り温泉パスポートはホテル的に儲けが無さそうですが、お試しで体験させるという意味では集客効果ありますね。

http://www.niseko-iroha.com/rakuten/spa/photo_02.jpg

温泉は、泉質がナトリウム炭酸系で透明なタイプ。露天風呂からの景色がとにかく素晴らしく、遥かに続く広い森林をいつまでも眺めていられそうな気がします。温度がぬるめなのも良かったです。その代わり少し冷えてしまったので、珍しくサウナにも入ってみました。どうせ2,3分しか入ってられないんですが、汗をかいてさっぱりできました。ぬるめの風呂とサウナ、この組み合わせはかなり良いですね。

日帰り客用の休憩室も完備しており、欠点をつけるべき点が見当たりません。いやー、良かった。

ホテル甘露の森

二軒目に訪れた「ホテル甘露の森」は、山の中にある豪華なリゾートホテルでした。

いろはも立派だったけど、それに輪をかけて豪華な施設で、どちらかといえばこちらの方がグランドを名乗るべきなのではないかと思いました。フィットネスクラブが併設されていたりして、モダンな雰囲気です。

広々とした更衣室から階段で一階ほど下がったところに温泉があります。泉質はいろはと同様の透明なお湯でしたが、肌をすべすべにする効果があるといわれる「メタケイ酸」を豊富に含むとか。露天風呂は少し狭めで、ホテルのテニスコートが一望できます。温泉旅館というよりも完全にリゾートホテルですね。

唐火七

夕食は唐火七という地元の居酒屋に行きました。


関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | ニセコ町その他

外観は掘っ建て小屋風の、ちょっと趣のある建物で、玄関を開けてすぐにある階段を上ると、こじんまりとした店内では中央に暖炉が燃えていたりしています。真冬に来たほうが面白そう。

食べログを読んで期待して行ったのですが、シーズンオフなせいかメニューの数が極端に減っていたのは残念でした。何を注文したら良いのか困るレベル。とりあえずザンギと椎茸のチーズ焼き、ポテトフライとししゃもとアスパラの天ぷらを注文。あとはニセコ酒造の日本酒です。ザンギはまあ、美味しいけれど自家製のでも戦えるレベル。アスパラもそうですね。まあ、自宅でも北海道産の食材がふんだんに手に入るから分が悪いとは思いますw

f:id:Red-Comet:20160507145121j:plain:h400

ただポテトフライは激ウマでした。「これならば!」と思って追加注文した、塩辛乗せじゃがいも(バターをトッピング)も絶品。ニセコのジャガイモ強い!

f:id:Red-Comet:20160507145206j:plain:h400

しかしあれですね、北海道に生まれて北海道の食べ物を美味い美味いと言って食べるのって、精神的な堕落じゃないですか。新しい知見がないというか。生まれ育った土地と水が生み出したものがやっぱり一番だなんて、なんかダサい。しかし美味い。本能には勝てないのよね……。

締めに頼んだアサリの雑炊は、きっと出汁用のアサリと具のアサリが別々なんでしょうね。どちらもしっかり味がして良かったです。デザートに頼んだあたたかいベークドチーズケーキが、チーズケーキの概念を覆すレベルの外はパリっと中はふんわりの仕上がりで、これは食べてみるべき。

お会計は日本酒とソフトドリンクを二杯ずつ頼んで7,500円と、まあ観光地価格ですね。でも北海道らしさは味わえるので悪くないと思います。

ニセコグランドホテル

さて、いよいよ我らがニセコグランドホテルです。再び中に入って、先に入ったいろはや甘露の森と内装を比べてしまってテンションは下がりますが、とりあえず温泉に行ってみます。

ところがこのホテル、温泉だけなら確かに「グランド」なのでした。露天風呂は広大で、ちょっとした池ほどもある浴槽にお湯が惜しみなく使われていて超豪華。泉質もここまでとは違って濁りがあるタイプで、例のメタケイ酸の含有量は北海道ナンバーワンとのこと。

http://trvimg.r10s.jp/share/image_up/31110/LARGE/CR5tly.jpeg

露天風呂は男女混浴になっており、女性は湯浴み(宿泊者は無料貸出)を着ることができます。ときどきタオルで入っている上級者もいますが(^_^;) 混浴を楽しんでいるのはほとんどが家族連れやカップルですね。混浴というと覗き目的の人が問題になったりしますが、夫婦プラス子どもやカップルだけの利用に限定したり、成人の男女比を1:1にしていけば良いんでないかな。広義の家族風呂的な。

温泉に一人で入ってボンヤリするのも悪くないけど、一人だと手持ち無沙汰になってしまうこともあるので、こういう配慮がされた混浴露天風呂が増えてくれればいいなあと思います。

秩父

翌日は、平成27年9月に改装されたばかりの雪秩父へと行ってきました。

www.town.rankoshi.hokkaido.jp

札幌からの帰りで何度か利用したことがあったので、この変わりようには驚きましたね。以前は山奥の民宿というイメージである意味でオンボロさもまた風情だったのですが、改装されてモダンにバリアフリーになっていました。泉質は群を抜いており、やはり硫黄じゃないと温泉じゃない! とまで言いたくなってしまいます(^^;)

ただ、改装して男性側の露天風呂が以前より少なくなっており(5→2)、新しく作られた壁のせいで風景が見えにくくなってしまったのは残念です。いつか完全に直るのかな。また、ポンプの故障とかで鉄鉱泉が利用できなくなっていたのも悔しい。

f:id:Red-Comet:20160507150318j:plain:h400

すぐ裏にある「大湯沼」も、通路が壊れて危険だという理由で閉鎖されていました。足湯に入りたかったなあ。残念づくし。

ニセコ温泉ランキング\(^o^)/

今回は4箇所利用し、以前に行ったことのある湯心亭も含めてニセコの温泉を5ヶ所利用してきました。その中でトップはどこかというと……、

なんと意外や意外、ニセコグランドホテルでした!

やっぱりあの、広大な混浴露天風呂は何者にも代えがたい魅力があるんですよね~。ここは本当にオススメ。ご飯には期待しないでよそで食べて、日帰り温泉でくたびれ果てて泥のように眠るといいんじゃないでしょうか(^^;)

秩父は個人的にはイチオシの物件だったんですが、まだ改装が終わっていないのかな。直ったらまた訪れたいと思います。

本当はもう一箇所、日本秘湯を守る会の「鯉川温泉」にも日帰り入浴してみたかったんですが、あいにくこの日はお湯を全部抜いて清掃する日とのことで、入ることができませんでした。

ニセコは気軽に行きやすい距離にあるので、再びチャレンジしてみる予定。その時はいろはに泊まってみようかな。

今週のお題ゴールデンウィーク2016」