読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンな日―4泊5日沖縄旅行その10

ブセナテラスを出発して一路南へ。往路は高速道路を使って一気に進んだので、復路は一般道を通ってのんびりと、いろいろ寄り道をしながら那覇市を目指します。

万座毛

まずは沖縄随一と言われる景勝地であるところの万座毛へ。”まんざげ”ではなく”まんざもう”。こちらの駐車場は村営のため(?)無料になっていて地味に嬉しい。

f:id:Red-Comet:20150919231119j:plain

言葉が出ないほどの絶景! うおおお!(声が出てる)

f:id:Red-Comet:20150919231301j:plain:h600

空と海と大地が創りだした偉業に圧倒されるばかりです。

f:id:Red-Comet:20150923104202j:plain

遊歩道の向こう側には「立入禁止」の立札が。ここも自殺の名所と呼ばれているらしいけど、どうせ死ぬなら美しい場所でと思ってやってきても、この景色を見たら生きる希望が出てくるんじゃないだろうか。

f:id:Red-Comet:20150919231522j:plain

遊歩道のすぐ脇にも断崖絶壁が。怖い。

シーサイドドライブインでランチ

f:id:Red-Comet:20150919231644j:plain

ドキュメント72時間で取り上げられていたシーサイドドライブインに寄ってみました。

www.nhk.or.jp

お目当てはスープだったんですが、それだけではもったいないのでフライライスも注文。テレビに取り上げられたからってどうということもなく、アメリカンな雰囲気を静かにたたえています。ダンディなおじいさんやアメリカ兵がポツポツと訪れては思い思いの時間を過ごしていました。


関連ランキング:定食・食堂 | 恩納村

道の駅かでな

せっかくなので基地の雰囲気も味わってみたいと思い、嘉手納空軍基地すぐわきにある、道の駅かでなに寄ってみました。

道の駅かでな

屋上の展望台にはどでかい望遠レンズを抱えたマニアたちが何人も。運が良ければ発着陸の様子が見られるかなぐらいの気持ちでしたが、結構ひっきりなしに輸送機やら対潜哨戒機が飛び立っていました。

124 from pikaring on Vimeo.

3階の資料館では、のどかな農村が軍事基地に変わっていく歴史が紹介されています。「米軍好きなの? 思う存分に見てってね。そして米軍がこれまでしてきたことも勉強していってね」という態度が非常に沖縄的だと思いました。受け入れはしたものの許しはしない。ベストではないけれどベターな道を選ばざるを得なかった歴史がかいま見えるようです。

米八そば

フライライスを食べたばかりだったけど、ここらでさらに沖縄そばを食べておきたい!という強い要望が(主に自分の中にw)あったので、イングレスぜんざいでおなじみの米八そばへと向かいました。


関連ランキング:沖縄そば | 沖縄市

こちらのお店についてはDeeOkinawaさんのこちらの記事が秀逸なので合わせてお読みください。

www.dee-okinawa.com

ここではトライアスロンそばを注文。ソーキと三枚肉、てびちが乗ったオールスターメニューです。

f:id:Red-Comet:20150919232353j:plain

沖縄そばは毎日食べても不思議と飽きが来ない。毎日美味い!

DP1xを使って屋内で写真を撮るのはなかなか苦労が多い(焦点距離が合わなかったり暗かったり)んですが、

f:id:Red-Comet:20150919232553j:plain

iPhoneで取ると色味がちょっと…。一見綺麗に撮れても、専用機と比べるとその差は歴然というのがね、鼻が高い。

シグマ デジタルカメラ DP1x DP1x COMPACT DIGITAL CAMERA

シグマ デジタルカメラ DP1x DP1x COMPACT DIGITAL CAMERA

f:id:Red-Comet:20150919232443j:plain:h400

セットのぜんざいは店主の粋な計らいで「おしどり夫婦ぜんざい」でした(^^) 黒糖麦入りぜんざいは麦のもにもにっとした食感とコクのある甘味がベストマッチです。

MADMAXぜんざい始めました - 沖縄市泡瀬の沖縄そば屋 ~米八そば(こめはちそば)~

MADMAXぜんざいなんてのもあったのか…。

アメリカンビレッジ

この後は那覇市内に戻って首里城を見る予定なのですが、まだまだ日が高くて暑いし、日が暮れてライトアップされた首里城を見たかったのでちょっと寄り道してみることにしました。

美浜タウンリゾート アメリカンビレッジ AMERICAN VILLAGE

大観覧車を目印にたどり着くと、そこには一面アメリカンな大ショッピングモールが形成されていました。アメリカンな街並みを、普通に米兵らしき人が歩いていたりして変な感じ。聞くところによると一昔前は「アメリカン」とは名ばかりのガランとした空間だったのが、徐々に店舗が整備されていって一大アメリカ村が形成されたとのこと。行く前は乗り気でなかったのが、ホタルガラスで有名な長七屋の直営店があると知って眼の色を変えていました。良かった良かった。

ここでMA-1を買おうと思っていたんですが、袖が長くて寸足らずで、欧米体型でないと着こなせない!と分かって断念。

あまりミリミリしてなくて軍っぽいものが欲しいなあと思っていたら、ちょっとかわいい感じのアメリカ陸軍フリースパーカーがあったので購入。北海道ではこれからの季節に大活躍しそうだけど、この沖縄で着る人いるのかな。真冬用か。

JALシティ首里

この日の宿泊先は那覇市内でしたが前半戦とは別のJALシティ首里にしました。ここを選んだ理由は首里城まですぐそばだったからなんですが…

位置関係的にはこんな感じでごく近いように見えるんですが実際にはものすごい高低差があって、よほどの健脚でなければ徒歩で行くのは到底無理。タクシーでワンメーター500円の距離なので躊躇なく使いましょう。