読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればiPhone6を一番お得に使えるのか考えてみた。 その2

キャッシュバックがあるかな~と、かすかな希望を胸にauショップソフトバンクに向かってみたものの、どちらもほとんどやる気が無い様子で、ほとんど昨日のシミュレーション通りの値段しか出てきませんでした。田舎は殿様商売ができていいなあ。
そもそもiPhone6は黙ってても売れる人気商品なので、しかもその割に利ざやが少ないから、ショップとしては積極的に売りたくないんでしょうね。型落ちのAndroidを積極的に売っていったほうが儲かるしね。
 
特にauショップのやる気の無さは凄まじく、
「オンラインで買うと15,000円割引になるってクーポンが来たんですけど」
と言ったら、
「お客様自身がオンラインでお手続きできるのであれば、そちらのほうがお得ですねー」
と答えるという。店の存在意義ってなに…? 手続き代に15,000円ね。人件費を考えればそうかもしれないけれど。
 

SIMフリー版を買う

と、いうわけでSIMフリー版のiPhoneを買うことにしました。
移転先はU-mobileです。これで携帯電話使用料を月額1,980円に抑えることが出来ます。

 

U-mobileの問題点

ショップがない弱みといいますか、MNPの手続き中に携帯電話を使えない期間が出るのが痛いです。申し込みからこちらにSIMが届くまで7日~10日程度かかるのですが、向こうの会社で審査が終わると手元のiPhoneが全く使えなくなってしまうのです。
その間はまあ、電話はどうせ使わないからいいとして、Xperia tipoに差してるOCNで耐えるしかないですね。これも今月中に解約しないと。

 

iPhone 6が届かない

もう一つの難点としては、Apple Storeでの予約が遅れたせいで、手元に実機が届くのが10月中旬になってからなんですよね。
なので、U-mobileのシムが届いた後はサブ機だったtipoがメイン機に昇格することになります。

Sony Xperia tipo ST21i Black SIMフリー

Sony Xperia tipo ST21i Black SIMフリー

電話はこちらで受けるとして、結局今みたいにiPhone5との二台持ちになるんだろうなあ。
 

予備がないと辛い

シムも携帯電話も予備があって良かったです。そうでなければ何日も通信手段がなくなるところでした。
ヤマダ電機でパッケージを売っているという噂もあるんだけど、どうなんだろうなあ。あとで見に行ってみよう。