直木賞受賞作発表

まさか北村薫が受賞するとは・・・。候補になりながら永遠に受賞することがない人だと思ってたよ。
以前『玻璃の天』を読んだときに(パーツはいいんだけど - 鵜の目鷹の目)、題材だけ借りてきたようでしっくりこないという印象を受けていて、今回の『鷺と雪』はその続編だと聞いていたので全くのノーマークだった。そうなんだ、アレが受賞しちゃうんだ。ちょっとショック。
というのも今半分くらいまで読んでいる道尾秀介の『鬼の跫音』が相当おもしろく「今回の受賞作はこれに違いない!」という確信を持っていたから。前作の『カラスの親指』から格段に成長かつ本格化していたのになあ・・・。残念だ。

広告を非表示にする