読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開港五都市麺フェスタ

復刻版南京そばを食べてきました。

麺をすすった時に漂ってくるカン水の匂いが昔風で良い感じ。スープは当然無加調で、最後まで飲めてしまうぐらいあっさり。最近のラーメンは「スープは麺を食べるための調味料」というぐらい濃くて調味料たっぷりのものが多いけど、原点は「単体でも飲めるスープ」だよね。
具の方も個性的で、錦糸卵や鶏チャーシューは意外とラーメンに合う。鶏チャーシューは前に洋風のを作ったことがあったので、今度は中華風に味付けしてラーメンに入れてみよう。
シンプルかつベーシックで、また食べたくなるラーメンでした。
 

こちらは神戸友屋の『やわらか肉汁 牛バラめん』。今回出店していたの中でも、一番の大行列ができてました。やっぱりネーミングがいいもんね。牛だし。神戸だし。
だけどお味の方はまあまあ。肉臭いのは牛だから仕方ないとして、柔らかいのは肉だけにして欲しかったな〜。麺がふにゃふにゃ、というかぬるぬるが出ちゃってて、スープというか餡かけみたいになってしまっている。う〜ん。神戸の方じゃこういうのがおいしいのかもね。
 
狙い目は『皿うどん』。全然行列ができてなかったので、明日行く人で並びたくない人にはちょうどいいかも。
肉まんもおいしそうだったけど、30分待ちに断念。複数で行くならラーメン班と肉まん班に別れるのが吉だ!