太郎が憎い

憎い! あいつが憎い!
一部に熱狂的なファンが多いので特に名を秘すが、うちの職場のパソコンになぜかインストールされている(某)太郎のせいで、仕事の効率が激落ちだ。ぬぅぅぅ。
 
(某)太郎のイライラするところは、設定する部分が多すぎて統一したレイアウトが作れないところにある。前任者の作った資料など見ても、高さがマチマチだったりセンタリングがとれてなかったり、とにかく見栄えが悪い。表の見出しの高さをそろえるために改行を使うとかありえない*1
 
Wordなら縦のセルを一括で選択して書式をそろえたりするのは朝飯前だが、(某)太郎の表は本当にただの紙に書いた線でしかないため、一つ一つ選択して変えてやるしかない。時間の無駄だ。
さらに、隣のセルの文字の大きさで改行幅も変わってしまうため、例えば記載例を作るために1.5倍ぐらいの大きさの文字を入れたら、その都度改行幅を手動で変えてやらないといけない。もう馬かと。
 
手書き感覚が残ってる人間、またはワープロで書いた文章を切り張りするような人間*2には向いているソフトだと思う。効率は悪い。だけど、10の仕事を20の時間をかけてするのには非常に向いている。
そういう意味ではショートカットの非充実ぶりも納得だ。いっぱいマウスを動かすことが、仕事をしている気持ちにさせてくれるのだろう。
互換性も皆無なところも、こういう仕事のやり方を愛する人間と共通するところだろう。
 
 
そもそも、どうしてわざわざ数万円かけてもう一つワープロソフトを入れるのだ、ということが理解できない*3。まあ、インストールされている(某)太郎の95%までが非正規品だから関係ないのだろうwww
 
ああ、太郎が憎い。本当に絶滅して欲しい。
手元の書類を全部作り直すようなまねはしたくないが、新しく作る分は極力Oooで作っていきたい。ビバ、オープンソース

*1:そのくせ、ネットで検索をかけると表の作りやすさが魅力だとか言う人間が多くて絶望する

*2:去年までうちの職場に実在した!

*3:ATOKだけなら買ってもいいけど

広告を非表示にする