住宅展示場に行くぞ! 番外編 〜ビアス〜

1週目に住宅展示場を見ていて思ったのは、まず土地がないと家を建てられないんだなあ、ということ(当たり前だ)。

建売住宅や分譲地で、市内のどこでも建てられればいいやというのなら気にしなくてもいいんだけど、妻の仕事の関係上、郊外の割と人里離れたところが良かったので自分で探す必要があった。

www.rals.net

そこで、ハウスメーカーもチェックしているという不動産連合会のHPを見てみたりしたんだけど、どこが良くて何が悪いのかさっぱり見当がつかなった。良い土地とは一体……。

そんな折、家の郵便受けに一枚のチラシが入っていた。

f:id:Red-Comet:20181229125455p:plain

ビアスという全く聞いたことがない会社で、それもそのはず函館ローカルのうえ、市内でも5番目か6番目ぐらいの中堅ビルダーなのだった。ここまで全国チェーンの大手ばかり見てきたので一抹の不安はある。

でもまあ、土地情報もあるというのであまり期待せずに行ってみることにした。

beus.jp

会社は閑静な住宅街の片隅にあって、アンティーク家具と喫茶店みたいな看板しか出ておらず、全然ハウスメーカーという雰囲気はない。駐車場の一角にテントがあって、そこにいくつか土地情報があったんだけど、あまり気乗りがしない。こんなもんかな、と後にしようとすると、会社の人が声をかけてきた。いまは営業が出払っているけれど、近くにモデルハウスというか、完成して入居前の注文住宅があるというので見せてもらうことにした。

真っ白な塗り壁がオシャレな家で、これまで見たモデルハウスとは全然違うモダンな印象だった。でも塗り壁は割れるし汚れるしメンテナンスが大変なんだよなあ。高いし。あとやっぱり高級住宅街のど真ん中にあるのでかなり狭く、狭いだけならまだしも部屋が多くて壁だらけだと感じた。

ちょっとがっかりしながらモデルハウスを出たけれど、来週は営業がいる時間に予約を取ってくれたらもっとすごい家を案内するというので一応見てみることにした。まあ、あんまり期待しないで見にいこう。