家づくりで参考にした本 〜中級編〜

入門書を買って大体のイメージがつかめていくと、今度は実際の間取りや外観について考えていきたくなる。とはいえ、一般的な建築関係の本は情緒的な本が多く、イメージ先行型で理論が伴っていないものが多い気がする。

なので、ちょっと背伸びしてでも専門的な、建築士が理詰めで書いてあるような本を探して読んでみた。

まるごとわかる! これで完璧!  住宅プランニング[間取り]図集

まるごとわかる! これで完璧! 住宅プランニング[間取り]図集

上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方

上質に暮らす おもてなし住宅のつくり方

どちらも図面が多く、細かい寸法まできちんと書かれているのでイメージ作りに役立った。これをそのまま取り入れるのではなくて、使いやすいデザインとはどんなものかの物差しが自分の中にあると、実際自分で建てる家にも反映できる、気がする。

間取りの方程式

間取りの方程式

このシリーズは色々あるけれど、前述したように情緒的な本が多くて一見わかりやすいようであまり意味がないと思われるものが多い印象がある。この本はその中でも理屈が先行していていいんだけど、残念ながら理屈に現実が追いつかないパターンがよくあるのだと思い知らされた。
理論的にはこうできるだろ、とハウスメーカーにぶつけてみても、技術的にその会社では作れない/作らない/やりたくないというケースがままある。特にロフトに関しては、基本的に大都会の極小地で、法の隙間を抜ってグレーゾーンから面積をひねり出すものだと考えた方が良さそうだ。うちはつけることにしたけどw
極論を言うと、間取りについては家の構造体に深く関わることになるので、あまり根を詰めて考えても仕方がないような気がした。在来工法かツーバーフォーかによってできることが異なるし、換気や暖房の考え方でも違ってくる。

色々無理だと言われるとだんだんと嫌な気持ちになって、「なんだよ、罰ゲームかよ」とか、「俺たちのことが嫌いだから、こんな変なプランを提案してくるんだな」とか思うようになるので(なった)、構造的な部分に関わる間取りについては鷹揚に構えていた方が精神的に楽かもしれない。


日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑

日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑

家を建てるにあたって、これまで紹介してこなかった会社からも、かなりの量を資料請求した。そんな中で、かなりビビっときたのがフリーダム・アーキテクツという会社。

www.freedom.co.jp

白い塗り壁がモダンで、真四角なファサードがクールで、「新しい!」と思った。そこで、無料のカタログにもたくさん図面があったんだけど、あえてお金を払ってこのデザイン集を買ってみた。

都会的なセンスに感嘆しながら読んでいたんだけど、読み進めていくうちにその「都会的」というところが引っかかってきた。やはりよくあるのが、極小地や変形地に、どうやってカッコよく機能的な家を建てるかという側面が多い。制限があるからこそのデザインであって、例えば自分の場合のように、ど田舎のだだっ広い土地にポツンと建てた時には、こういうモダンな家というのはかなり奇異なものになるんじゃないのかな、と思い始めた。

思えばこれが、全てのボタンのかけ違いの始まりだったのかもしれない。

都会の家と、田舎の家。住宅地に建てる家と、郊外に建てる家。どちらも建築件数でいえば圧倒的に前者が多い。必然的に、HMが提案してくるモデルは前者に準じたものになるはずだ。となると、中身よりもまず先に、外観については自分たちで舵取りをしていかないとならないのでは……。

そこからHM会社との熾烈な戦いが始まるのだけど、それはまた別の項目で。