住宅展示場に行くぞ! 〜土屋ホーム編〜

もうだいたい住宅展示場は見たのだけど、一条工務店から借りた経典タブレットを返すために行くことになった。

タブレットとは何かと言うと、一条工務店の魅力を紹介する動画やコンテンツがぎっしり詰まっていて、全部見てクイズに答えると5000円分のクオカードがもらえるという洗脳グッズである。真面目に見ていると一条工務店以外で建てる選択肢がなくなっていくので気をつけられたい。

広告費をかけない代わりにターゲットに直接金券を配っていくスタイルはスマートだとは思う。

基本的にモノはいいからね一条工務店は。誘い方が宗教的な気もするけど、売りつけられるのがものすごい高性能な壺だったら文句はあるまい。

土屋ホーム

その帰り道、まだ寄っていないところがあるぞ、ということで土屋ホームに寄ってみることにした。

www.youtube.com

北海道民なら必ず歌える「暖かい 心と心の 触れ合う住まい 土屋ホーム♪」のCMソングでおなじみのハウスメーカーである。そのCMソングのセンスからしてもあまり洗練されている印象はなかったんだけど、実際見てみると結構良かった。

土屋ホームのここがスゴイ

www.tsuchiya.co.jp

外断熱で熱気と冷気をシャットアウト!

普通の家は外側の柱と柱の間に断熱材が入っているんだけど、それだと木材部分が冷気を通してしまう。なので壁の外側にも断熱材を入れて、ダブル断熱にしているのだった。これは強い。

外断熱のデメリットは工賃が高いことと、工法が難しいこと。下手な工務店がやると地震で外壁ごと剥がれてくることもあるらしい。ただ、技術的には土屋ホームはこれを専門にやっているのでまず問題ないだろうし、工賃が高いのは(全体的に価格が高いから)織り込み済みでもある。

全館空調システムで家中暖か!

自分が一番気にしているのが冬の暖かさ。かといってストーブやパネルヒータを設置するとその分の床がデッドスペースになるし、FFストーブに至っては前面の排気ラインさえもクリアにしなければならないから、間取りや家具の配置に気を使うことになる。

その点土屋ホームはよく考えられていて、換気システムに1台のエアコンを組み合わせることで、全館をまんべんなく暖かくするシステムを採用している。

www.tsuchiyahome.jp

確かに24時間換気なのだからそれに冷気や暖気を乗せれば部屋中の温度を一度に制御できるというのは理論的なんだけど、ちょっと面白いのは「他社さんが真似しようとすると断熱性能が低いため、クレームになる」というところ。高い断熱性に自信があるから採用できる暖房方法なのだろう。

土屋ホームはなかなか良かった

試しに見積もりを頼んでみたところ、33坪でだいたい2,400万円というところだった。ちょい高めだと聞いていたので坪単価70万円代は想定の範囲内

ま、ここからオプションで増えていくんだろうけど、マシマシにしても一条工務店の標準仕様と同じぐらいになりそうな予感がしている。

というわけで一条工務店には悪いけど、現段階では土屋ホームが最有力候補となった。

まあ、このまますんなりとは決まらないのが家づくりの難しいところなんだけど。