読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイドロアクアはじめました その1

ずっとエビとネオンテトラを同居させていたんですが、ネオン病で仲間を失って最後の一匹になった個体がいつもきょどきょどと挙動不審でエサをあげようとすると隠れてしまうようになってしましました。それまらまだしも、底に沈んだあたりになってようやく出てくると、底に沈んだエサつまんでいるエビに突っ込んでいってついばむんですよね。人には弱いがエビには強い。

浮いているのを食べているうちは同居できそうなものですが、こうなると元々肉食のテトラですからエビを捕食したっておかしくないわけで。というわけで隔離水槽に移動してもらうことにしました。隔離水槽なんて言っても要するにセリアで買った100円プラケースです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プッシュポット 900ml
価格:108円(税込、送料別) (2017/3/19時点)


蓋付きで透明で、壁面が平らなので中の様子がきれいに見えて、さらにパッキンを使っていないので衛生的なところも気に入っています。水槽の回りには大小合わせて10個近くこのプッシュポットがある模様w

ハイドロカルチャー&ボトルアクアリウム

だけどこのケースをテトラの終の棲家にしてしまうには少々殺風景な気がします。一時的なストックならいいんですけどね。なのでセリアに行ってもう少し容量が大きいキャンディーポットを買ってきたんですが、このまま入れるだけでは物足りない。というわけで、こんな感じに蓋に穴を開けて水栽培できる観葉植物をセット。

f:id:Red-Comet:20170319230742p:plain

これはピレアという植物で、猫が食べても毒性が無いとのこと。猫はすぐ草を食べたがりますからね~。

犬や猫に安全な観葉植物|観葉植物 【ブルーミングスケープ】ブログ

観葉植物の根が水中の養分を吸い取って水がきれいに保たれるというアイデアは、去年買ったEcoqube Cとまったく同じです。

pikaring.hatenablog.com

なので理論上は、単なるボトルアクアリウムに比べたら魚の健康にはずっと良いはずです。たぶん。ハイドロカルチャー&ボトルアクアリウムということで、ハイドロアクアと名付けてみました。果たしてうまくいくかどうか。次回はさらに手を加えてみます。