読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばくおん!が超絶面白かった

プラモ

なんか知らないうちにAmazonプライムの会員になってしまっていて(多分無料会員からの解約忘れ)、仕方ないので無料のビデオを色々見て元を取っている。レンタルと違ってディスクの入替え作業が発生しないので、作業中BGVとして流しっぱなしにしておくと非常に捗る。ガンダムとかは筋を知っていても細部はほとんど忘れてしまっているので助かる。これで新作アニメもすべて網羅してくれたら喜んで会員を継続するんだけどなあ。

ここ数年のアニメの中で一番笑った

新しめのアニメをちょこちょこと見ていたんだけど、ばくおん!はめちゃくちゃ面白かった。多分ここ2、3年のアニメの中で一番笑ったかもしれない。見る前のイメージとしては「けいおん!のオマージュで楽器をバイクに置き換えただけ」だったし基本的にはその通りで間違いないんだけど、本質的には全然違う。それは、バイクに対する狂おしいほどの愛情が込められているというところ。

バイク乗りは狂っている

作中では何度も、バイクという非合理的な乗り物に対する自虐が登場する。自動車なら雨風も防げるし、自転車はクリーンで健康にもいい。バイクは危険だし環境にも悪いし、でもそれでも、どれだけバカにされようともバイクを愛さずにはいられないバイク乗りの狂った愛情が全編に込められていた。

全般的にバカバカしくて涙がでるほど笑って見ているんだけど、その涙の何分の一かはそういう熱い思いに触れた感動だったと思う。いわゆる一般的な”ゆるふわ系アニメ”とは一線を画していて、女子ばかり出てくるのはいわば羊の皮をかぶった狼、バイクという狂気の乗り物に含まれた毒を覆い隠すためのオブラートに過ぎないので、ゆるふわアレルギーの人も一度見て欲しいと思う。

登場人物はそれぞれ日本のバイク4大メーカーである、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキに乗っているので、お互いのお互いに対するディスり合いもリアルで良かった。スズキ信者は”鈴菌”に感染しているとか、排気量の小さいカタナに乗っているとバカにされるとか、バイクを知らない人間でも「ありそう」と思って笑えてしまう。

そんなわけで一番のお気に入りはスズキ信者の『鈴乃木凜』だ。金髪ツインテールの美少女なのに、スズキを好きになったばかりに常に不遇。でも、どれだけバカにされても負けずに立ち上がるガッツと、批判にへこたれないスズキへの強い愛が感じられて好きだ。なんというか、笑いながら泣ける。

フィギュアーツ 鈴乃木凜

というわけで、ついつい買ってしまったのがこちら。

結構高かったけど、カタナがめちゃくちゃカッコイイので買ってよかった。

f:id:Red-Comet:20161217123912j:plain

だいたいはこのようにして後ろ姿が見えるように飾っている。

f:id:Red-Comet:20161217123947j:plain

ツインテールが躍動感を生んでいるのがいい。あとは尻。

バイクの出来に比べてフィギュアの方はまあまあ。ちょっともっちりしすぎているかもしれない。凛ちゃんはグラマラスなのでこの方が実態に即しているとも言えるし、下半身の安定感というか後ろ姿の尻の存在感は、やはりバイク乗りにとって大事なポイントなのかもしれない。

Figma以外の可動フィギュアは初めてで不安だったんだけど、案の定と言うか、首のパーツの交換時にいきなりジョイントを壊してしまった。

f:id:Red-Comet:20161217124229p:plain

ちょうど「ふゆやすみ!!」の回*1を見たあとだったので軽く凹む。だけどバンダイのカスタマーセンターに送ったところ、速やかに新品と交換してくれたので良かった。でもまあ、もうちょっと丈夫に、もしくは取り外しが簡単にできるように作ってほしかったな。Figmaよりも脆くて取り外しにくくて、気軽に交換できる感じでは全然ない。

f:id:Red-Comet:20161217124436p:plain

送り先が「おもちゃのまち」(しかもちゃんとした住所)なのが凄い。

ばくおん!!は面白かったけど円盤を買ってまで見ることはないので、こういった形で作品を応援できるのなら悪くないと思う。1/12の完成品バイクは結構安く売られていて、来夢先輩のカワサキ ZX-12Rを買おうかかなり迷ったんだけどやっぱりフィギュアが乗っていたほうがいいので凛ちゃんにしてみた。

正確にはちょっと違うけどこのライムグリーンは悪くない。figmaを乗せるのにジャストサイズだというのもいいなあ。

*1:凛ちゃんがクリスマスプレゼント交換会に出したお手製の自分のフィギュアの首がもげる回