読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSVRはゲーム革命だった

これまで登場した新ハードと同様にPSVRは事前の人気がものすごくて、その中には転売屋もものすごい人数混ざっているんだろうけど予約が困難な状況がずっと続いていて、これはちょっと発売日に買うのは無理かな、と思っていた。

ところが13日の発売日当日に、地元ではGEOと蔦屋書店の2店でPSVRを売るという。しかも蔦屋書店は開店が7時からなので、朝から並んでその後会社に行ける! というわけで朝5時に起きて並んできた。

結構な人数が開店前から並んでいたので危ないかなと思ったら、そのほとんどが予約済みのお客さんだったというのに驚いた。おかげで普通に買えたんだけど、予約済みなら急いで買う必要ないのにねえ。やっぱりこの日は丸一日PSVRで楽しみたかったのかな。それは幸せな人生だ。

とりあえず買うべき

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

とりあえずご祝儀なので、気になるゲームはどんどん買ってみて試してみた。結論としてはPSVR買ってみたほうがいいよマジで。ローンチのソフトはどれも凄くよく出来ていて、

「ああ、今までのゲームは全部過去のものになっちまったな」

と思える。

そういう体験は最近だとFallout3をやった時に感じたかな。その前はGTA3かもしれない。いわゆるオープンワールド系のゲームが大好きで、それは自分がゲームの中に入ってしまったような感覚を得られるからだというのが大きい。RPGにつきもののだるい戦闘もつまらない移動も、よくできたオープンワールドではそれらすべてが「体験」になった。

それがPSVRだと、本当の体験と区別がつかなくなるぐらいのところまで来ている。目の前で火がともれば暖かく感じ、マフィアのボスに葉巻の煙を吹きかけられれば煙く感じてしまうような、視界情報にほかの感覚が騙されるところまで来てしまう。360°がゲーム画面になると、それだけで圧倒的な現実感が生まれてしまうのだった。なんてったってPSVRのVRは、ヴァーチャルリアリティ*1のことだからなあ。

未来、来ちゃったよ。

というわけで買ったソフトについてレビューしてみる。

サマーレッスン

ええ、半分はサマーレッスンのためにPSVR買いましたよ(キレ気味に

これはほんとね、エロい。生々しい。匂いとか吐息とか体温みたいなものが脳で勝手に補完されちゃう。ヤバい。ヴァーチャルやばい。

blog.esuteru.com

クロ現でも女性件経験豊富なホストのほうがドキドキしていたように、情報が補完されるのは過去の経験に基づいているので、非モテ童貞だと楽しめないというのはちょっとした皮肉だw。

PSVRはパンツが見えないから終わってるとか言ってる連中はパンツ一丁になって土下座すべきですよマジで。そーゆー即物的なエロスではなく、さらに高位のエロースを追求したゲームなんだよこれは!

パンツなんて布切れなんです。エロい人にはそれが分からんのです!

ところでPSVRでドリームクラブ出さないですかねセガさん。

Rez Infinite

SNSでサマーレッスンと同じくらい評判が高かったのがこれ。元はPS2のゲームで、それを高精細化してVRに対応させたものだという。

Rez

Rez

で、通常の画面でまず遊んでみたんだけど「ふーん」という感じで、綺麗だけど最近こーゆーリズム系オシャレ流シューティングゲームってiPhoneとかに良く出てるじゃん。

まあ、PS2時代は新しかったのかもねと思ってHMDを被ってみたら、

「なんじゃこりゃー!!!」

思わず叫んだ。平面のディスプレイに映し出された3Dと、本物の3Dとの差は圧倒的だった。

そうだ、これは、未来だ。かつて僕らがサイバーパンクものを読みながらイメージした「電脳世界」それがそのまま再現されている。首の後ろあたりにある端子にケーブルを差し込んで、敵のコンピュータにハッキングを仕掛けるイメージだ。

スピード感があって視点もぐるぐる変わるんだけどいわゆる3D酔いというものが全く感じられない。追従性が良いし、現実離れしているから感覚と認識の差が気にならないのかな。その代わりに脳がめちゃくちゃ疲れる。次元が一つ増えたんだから仕方ないけど、何か新しいパワーに目覚めそう。ニュータイプか強化人間かのどちらかにはなれそうな気がする。

d.hatena.ne.jp

PlayStation VR WORLDS

【PS4】PlayStation VR WORLDS(VR専用)

【PS4】PlayStation VR WORLDS(VR専用)

いかにもローンチな詰め合わせゲーム、にしては作り込みがしっかりしていて良かった。

「The London Heist」 (ロンドン ハイスト)

オススメはロンドンハイストで、カーチェイスや射撃はまあこんなもんだべな、という出来だけれど、幕間劇の臨場感がうまく作られていて没入感がある。KICHENより怖い。

「Scavengers Odyssey」 (スカベンジャーズ オデッセイ)

SFもののお手本になりそうな作品。DEAD SPACEあたりPSVRでリメイクされないかな。

酔うという評判もあるので、普通の3Dのゲームが苦手な人はプレイしないほうがいいかもしれない。自分は平気だったけど、体質にもよるしね。

残り3つはイマイチ。

「Ocean Descent」(オーシャン ディセント)

鮫が出てくる。自由度が低い。

「Danger Ball」 (デンジャー ボール)

とりあえず新ハードが出たらピンポン作っとけというところか。

「VR Luge」 (VR リュージュ)

公道をリュージュで滑り降りるので「やべえ」と思いながら始めてみたら、障害物や車にぶつかっても事故ったり弾き飛ばされたりしないので緊張感がない。激しいクラッシュを心待ちにしていたのに。

Allumette

wired.jp

無料のVR映画。こーゆー静かなものでも演出によってはVRが活きるということが分かってよかった。

今後出て欲しいソフト

VRということで開発の敷居が高いのか、これから発売予定のソフトを見てもめぼしいものがあまりないのが残念だ。とりあえず欲しいなと思うのはバイオハザードエースコンバットぐらいだけど、ちょっと期待したものとは違うかな、という気もしている。個人的に出してほしいと思っているのはこんな感じ。

バイクゲーム

PSVRにバイクゲームが出ない理由は何なのか。HMDもヘルメットっぽいし、絶対に似合うと思うんだけど。個人的には「ばくおん!!」をグランツーリスモレベルのグラフィックでゲーム化してほしい。

シミュレーションゲーム

ローンチにも、今後のラインナップにもシム系のゲームがないのが意外だ。A列車で行こうとかシムシティとかの街づくり系のゲームで、実際にその街を歩けたら最高なのになあ。信長の野望系の戦国ゲームで、戦場にそのまま降り立って指揮をするのも燃えそう。

VRと書いて夢と読む

そんなわけで、出たてなのでまだまだソフトのラインナップは少ないし、完全にVRの魅力が引き出されたソフトが出るまでにまだ2,3年はかかりそうだと思う。それでも今このタイミングで買っちゃうことの意義というのは、やっぱりゲーム愛好家の夢だよね。昔から思い描いていた『ゲームの世界に入る』という夢がいま叶った瞬間だから。

実はauからmineoにMNPしたのは、ケータイ料金を安くした分をPSVR購入資金に充てるためだったりw

mineo.jp

LTEフラットと比べると月に4,000円も安くなっちゃうから、一年間で48,000円だ! これから買う予定の人も余裕資金を確保するためにmineoに変えてみるといいんじゃないかな~。いま上のリンクから契約すると、Amazonギフト券1,000円分がプレゼントされるキャンペーン中です\(^o^)/

*1:逆に懐かしいワードだ