一人温泉の醍醐味

一人温泉の醍醐味はふらっと行ってふらっと帰ってくる。ほんのそこまで、と家を出て、何気なく帰ってくるようでなければいけない。非日常を求めているのなら雪景色の秘湯にとっぷり浸かればいい。だがこれは日常を越えた先を一つ曲がったところあたりにある気軽なご楽なのだ。だから当然荷物もごくごく手軽なものにして、気負わずに家を出ないといけない。

持ち物はフェイスタオル2本とビニール袋だけ

買い物用のエコバッグに、フェイスタオル2本を入れてそれだけで出かけることが多い。気が向けばパンツぐらいは持っていくこともあるけれど、基本的に朝に着替えているわけだし、一日一枚履いているパンツをあえてローテーションを変えて2枚履く必要は無いと思うのだ。そして何より、風呂上がりにスーパーなんかに行ったときにはこのエコバッグを買い物袋として使うわけで、そんな折にパンツが店員に見られてしまうというのはあまり気分が良くないものだからだ。

自分は風呂から上がったときにバスタオルを使わない派だ。そんな大きいものを毎度洗うのはめんどうくさいし、何度も使うのは衛生的でないし、そんなわけでフェイスタオルで拭くようにしたら、これぐらいの大きさでも十分に足りることがわかった。もちろん使うごとに洗う。小さいので何枚洗っても困らない。

温泉に行くときに2枚持っていくのは、一枚は中で使う用。たたんで頭の上に置いておくのにも必要だし、体を洗うときもフェイスタオルを使う。昔はナイロンの垢すりを使っていたけれど、逆に垢がボロボロと出るような体質になったので使うのをやめ、シャワーで頭を洗う時にその流れ出る泡で手のひらを使って体をこすり、というか撫でて、あとはシャワーから出るときに強めにタオルでこすれば余計な皮脂は落とせるし、体臭やら垢やらもずっと改善した。

だからシャンプーや石鹸なんかも持っていかない。備え付けのものがあれば使うけれど、なければお湯でいい。最初にかけ湯で軽く流したなら湯船に使って皮脂が浮き上がってくるのを待って、洗い場に行って乾布摩擦の要領で軽く体をこすってそれで終わり。頭なんかは家を出る前に洗っているし、そうそう、自分は別に温泉に、体を洗うために行っているわけじゃないのだ。それは気持ちの平静を取り戻すための瞑想の時間。そこに”体をきれいにしよう”なんて魂胆が加わったら純粋性が薄れてしまいはしないだろうか。いや、ない。

いい感じにくたびれたなら風呂からあがる前にタオルを絞って体についた水滴を拭き取れば、ロッカーにおいてあるもう一枚の乾燥したタオルで仕上げに拭き取ってしまえば、バスタオルなんて存在理由がないのだ。あれは全裸にバスタオルだけを巻いて過ごすためのものですよ。

風呂上がりにはビン牛乳

風呂から上がった後で飲むのはベタだけどやっぱり白いビン牛乳だと思う。実は、同じ牛乳でも瓶で飲むと美味しさが違うらしい。これが風呂上がりにはビン牛乳のヒミツだったのかもしれない。

http://www.meiji.co.jp/takuhaimeiji/bottle/images/txt_bottle.jpg
ビンで飲むおいしさ徹底解明!|毎日のカルシウム・鉄分の摂取なら明治の宅配サービス|株式会社 明治

ここで明治乳業を取り上げさせてもらって悪いんだけど、自販機にこういったメジャーなメーカーの、森永やメグミルクしかないとガッカリしてしまう。これはもう病気と言ってもいい。どうしてもその地方の牧場産の牛乳でなければ我慢がならない。

f:id:Red-Comet:20160922160238j:plain

幸いここは酪農王国北海道、牧場には事欠かない。道南では山川牧場がメジャーだけど、駒ケ岳乳業や写真の鈴木牧場あたりが見つかると軽く興奮してしまう。例えば道央圏に旅行に行って、サツラクや倉島牛乳を見つけると旅情を感じるタチなのだ。

楽しさを先取りしてしまっているのではないか

ビン牛乳を買って紙の蓋を取って裏側にべっとりとついた生クリームを舐め取って、わずか180mlの液体を柔らかいソファーにふんぞり返ってチビチビやりながら、興味があるわけでもない野球中継などを見るともなしに眺めたりしていると、これは定年後の楽しみを先取りしてしまっているんじゃないかと思ってしまう。

例えば仕事を退職して年金生活者になり、一日1,000円の小遣いで温泉に入りに来る。450円を風呂代に使ったら残りが550円で、牛乳が130円でざる蕎麦が400円。いや、今日は牛乳を我慢して500円のカレーにしてみようか。それともおにぎり200円にしておいて、貯めたお金で今度来たときに天丼にしてみるというのもありかな、みたいなことを考えるようになるのかもしれない。

しかしそんなことを言ったっていまから30年も40年もしたら、果たして温泉に入るような娯楽がまだ生き残っているかどうか分からない。VRが進歩して、脊髄に電極をぶっ刺すだけで涎を流して身悶えるような快感が味わえるようになるかもしれないし(それはそれで嫌だけど)、楽しみはあとでとっておくよりも、先に楽しんだほうがいいんじゃないですかね。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

あとPSVR買います。24日から予約が再開されるそうなので、発売日に手に入れたい。結果的にiPhone7を買わずにPSVRを買うことになってしまったなあ。

広告を非表示にする