読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信繁の野望 立志篇

真田丸ブームに乗せられて「信長の野望 創造 戦国立志伝」を買ってしまいました。

世間的には評判はイマイチみたいですけど、個人的には十分面白いと思っています。むしろ、シリーズで一番熱中してプレイしているかも。武将プレイだと大名がバカで苛々するけれど、ダメ上司の下で嘆きながら戦うというのもまあ、リアルじゃないですか(^^;)

真田丸見てても思うんですけど、真田昌幸だって超天才ではないんですよね。たまたまサイコロの出目が良かったわけで。システム的に有利なことをしないからAIがアホなのではなく、きっといろいろと考えているのですよ(多分

そんなわけで早速、真田丸の主人公である真田信繁で始めてみたので、ここまでをリプレイで振り返ってみます。

地侍からのし上がる

信繁よ。お前も元服したわけだが、ワシの息子とはいえ一国一城を与えるのはまだ早い。まずは長久保をを与えよう。

f:id:Red-Comet:20160402194737p:plain

恐悦至極に存じます(めっちゃ片田舎やん……)

不服そうな顔をしておるな。しかし自分の領土を持つのはいいぞ。城を追われても領民たちは、お主を慕ってついてくる。ここを開拓して力を蓄え、自分の力で戦働きができるようになってはじめて一人前の武士なのだぞ。

ははっ(なんだか地侍みたいだな)

◇◆◇

配下プレイは自分の領地を開拓しつつ、城主の命令に応えて勲功を貯め、出世していくことになります。ここでのポイントは以下のとおり。

  1. たたら場と伐採所を適当な数作る。
  2. 商業を上げ、「取引」を奨励する。
  3. 水田と武家屋敷を増やし、石高を上げつつ兵士の人数を増やす

兵士が足りないと戦場に出られないので、勲功が貯まらず進出もできず、永遠に地侍になりかねません。兵士の人数を石高の上限までキープし、赤字になったら水田を増やしていくぐらいがベストかな、と。

ちなみに馬や鉄砲はいくら作っても後に引き継げないので作らなくてもOKです。奨励で1部隊あれば十分なんじゃないかな~。

待望の城持ちに

f:id:Red-Comet:20160402195215p:plain

よしよし。長久保が発展してきたぞ。

信繁よ、北条から深志城を奪い取るのだ。

御意!

f:id:Red-Comet:20160402200102p:plain

うおおお! 真田の赤備えの力、見せてくれよう!

f:id:Red-Comet:20160402200225p:plain

見事じゃ信繁。お主を深志城の城主に任命する。

はっ、ありがたき幸せ。

次の敵は徳川じゃ。小幡城を落とし、信濃を統一するぞ!

――しかし――

信繁様、上杉の軍勢が深志城に向かっております。

我が方の2倍の軍勢だと!? 親父殿に援軍を頼むのじゃ。

上田城は北条に攻められており、援軍を出す余裕はないとのです!

ぐぬぬ、こうなったら仕方ない。死ぬ気で守ってみせる!

f:id:Red-Comet:20160402203906p:plain

はあ、はあ。なんとか撃退したぞ。

信繁様、続いて徳川家康の軍勢がこちらに向かっております!

今度は3倍だと……

f:id:Red-Comet:20160402204025p:plain

落城するとは情けない。沼田の城で再起を目指そう。

◇◆◇

ドラマでは上杉・北条・徳川の間を自由自在に取り持つ真田昌幸でしたが、このゲームには「武将プレイ時のAI大名は一切外交をしない」という致命的なバグがあるので押しつぶされてしまうのでした。ひどいw

f:id:Red-Comet:20160402204747p:plain

次回、飛躍編。真田親子の運命やいかに!