読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新型Pebble】Pebble Time発表\(^o^)/

ついに、あの大人気スマートウォッチ『Pebble』の新型がリリースされました!


Pebble Time - Awesome Smartwatch, No Compromises by Pebble Technology — Kickstarter

この日をどれだけ待ちわびたか

まあ、1ヶ月か2ヶ月くらいなんですけど(^_^;)

セイコー5を買いだしてからでしょうか、「そろそろスマートウォッチなるものにも手を出してみようかしら」と思ったのは。

これまで試作機然としたものばかりだったスマウォ業界が賑やかになりだしたのも去年のことで、高級時計にも負けない質感を持ったmoto360が発売されたり(ちょっと欲しかった)、appleからアイウォッチが出るぞというウワサが飛び交ったりして、自分のアーリーアダプタ熱にも火がつき始めていました。

Pebbleが欲しい!

そんな百花繚乱のスマートウォッチ業界において、自分の触手がもぞもぞと動いたのはPebbleという、Kickstarter由来のスマウォでした。

Pebble Steel (Brushed Stainless)

Pebble Steel (Brushed Stainless)

 

時計上で動くアプリはもちろん、文字盤さえもカスタマイズして自分好みの時計に仕上げてしまえるというこのガジェットを、欲しいと思いつつも旬を逃したという感もあって二の足三の足を踏んでいたのですが、去年の暮ぐらいでしょうか。

そろそろPebbleの新型が出るでは?

というウワサが立ち始めたのは。その声を信じて待ち続けた甲斐あって、ついにこの日がやって来ました。

Pebble Timeの実力とは?


Pebble, el reloj inteligente | Reloj inteligente para iPhone & Android

正規の価格は$199と、現行のPebble Steelと同じです。今や廉価版となった初代Pebbleは$99ですが、新型もPSと同様ベゼルはステンレススチール製で、中身が新しくなった分お買い得と言えそうです。

しかも今回は初回特典で、$159+送料$10で手に入れることが出来ました。英語では初回特典のことをEarly Birdというんですね。早起き鳥は三文の得をするのかな?

機能的に進化した点はなんといってもカラー液晶。

f:id:Red-Comet:20150225204908p:plain

前作のドッティーなモノクロ液晶も昔の未来感があって悪くないんですが、こちらはもう、ちゃんと2010年台の機械に仕上がっています。

f:id:Red-Comet:20150225210923j:plain

初代もかわいいんですけどね。

Home | My Pebble Faces

スマートウォッチなので、自分の作った文字盤(Faces)をアップロードして他の人に使ってもらったり、他の人のデザインを買ったりすることもできちゃいます。

液晶がカラーになったにも関わらず連続使用時間は7日間を誇っているのも素敵。最近のスマートウォッチはスマートフォンと同様に電池の持ちに弱点を抱えていて、下手をしたら朝つけて行って夜まで充電がもたないとかがザラなので、まあ一週間は過大広告でしょうけど最悪でも2、3日はもってくれるのなら満足です。

f:id:Red-Comet:20150225210232g:plain

動作もヌルヌル!

ウワサではUnicode対応で日本語もばっちり表示できるようになっているとのことです。これまでは2バイト文字が□で表示されていたというし、もしそうなら日本での人気爆発は必至級。さらにこれから続々と出てくるであろう新機能の発表に、よだれが出てきちゃいそうです。

商品の到着は今年の5月! それまでにどんな文字盤を作ろうか、考えておかないとな~。