読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道旅行 旭川・富良野・登別 その1 ~旭川ラーメン編~

わりと大きなイベントがあって残業代やら休日出勤が増えると海外に旅行に行ったりするんですが、今年は何にもなかったので(^_^;)普通に国内というか道内を旅行することにしました。その代わり、気軽には行けない旭川方面に足を伸ばしてみようかな、と。
 
折しもこの日の天気は豪雨。広島で大災害を引き起こした雨雲の残滓が津軽海峡を越えて我々を追いかけてきます。
 
旭川の天気予報も曇りのち雨マーク。北に進むと雨がやんで、一休みしていると雨雲に追いつかれるという一進一退のレース。朝マックではマックグリドルのソーセージを頼んだのにベーコンエッグが出てくるという幸先の悪さ。雨の動物園とかシャレにならないぞ…。
戦々恐々としていたのですが、道央道を札幌から旭川へ進む頃には晴れ間が見えてきました。
 

三笠市の道の駅〜三笠

途中で一回高速を降りて、三笠市の道の駅に寄りました。目的は、ここでしか食べられないという、昔ながらの八列とうきびです。
f:id:Red-Comet:20140822102430j:plain
昔はこれが主流だった?! 三笠で昔懐かしい「八列とうきび」を食べよう! | 北海道ファンマガジン
スイートコーンとは明らかに違う外見のとおり、味も全然違います。皮が硬くて味が濃くて、コーンというより”きび”って感じですね。塩水をつけて焼いただけのシンプルな味が微妙に後を引いて、食べ終わってすぐにまた食べたくなってしまいました。これは主食だなあ。
 
販売している老夫婦もいい味を出していました。
食べてる時に朝日新聞の記者の人から取材を受けたんだけど、記事になったんだろうか…。
 

あさひかわラーメン村

高速道路を降りて旭山動物園に向かう途中にちょうどよく、あさひかわラーメン村があります。
店のラインナップを見てもすすきののラーメン横丁とかとは違って、老舗の店が支店を出しているところが良さそうですね。ちょうどお昼ぐらいだったので駐車場は車でいっぱいだったのですが、旭川ナンバーの車(レンタカーではない)が大半を占めていたのに驚きました。地元の人からも愛されているようです。
自分は旭川ラーメンが好きで、立ち寄る度に食べています。これまで蜂屋(好き)と青葉(好き)、梅光軒(そこそこ)、みづの(ここは凄い)と食べており、山頭火は普通すぎるし、一番ベーシックな青葉に決めました。
 

らぅめん青葉

自分は醤油チャーシューを注文しました。時間があったらミニラーメンを頼んで、他の店をはしごするのも良さそうですね。
f:id:Red-Comet:20140822120422j:plain
スープはこってり豚骨で、魚介の風味が濃厚で良かったです。チャーシューもトロトロでした。そして何よりスープが最後まで熱々なところがいいですね。
あとで調べたら旭川のラーメン店の数は人口に比べて相当多いとのことで、冬の寒さにも負けないラーメンがこの街のソウルフードなんだなと思いました。

自宅用のおみやげにはこれを購入。あとで食べよう。
 
腹ごなしもすんだので次はいよいよ旭山動物園です。
心配していた空模様も、晴れ間が見えて暖かくなってきました。これは勝てる!!!