読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/72 ガールズ&パンツァーシリーズ IV号戦車D型改 (F2型仕様) あんこうチームver.

プラモ

WoTにはまっていしまったので、正月の間にガールズ&パンツァー全巻を借りて繰り返し見ています。戦車が好きになってから見ると一段と面白いなあ。自分はやはり聖グロリアーナとの市街戦が好き。ゲームだと建物の数が少ないからどうしても単調になりがちなんだよね~。

というわけで2両目はベタに,ガールズアンドパンツァーからIV号戦車を作ってみました。ドイツの戦車といえばタイガー/ティーガー/ティーゲルですが、自分もこのIV型のかっちりした形が好きなのです。そんなに大きくもなく、めちゃくちゃ強いわけではないけれど操縦する人の腕によっては名車になりうる存在。個人的にはドイツ戦車界のザクだと思うんですが(バリエーションも多いし)、そういうと失礼に当たるのかな? いやいやそんなことは。
 
マチルダの2倍の値段するだけあって,パーツの量は3倍ぐらいあります。小さいパーツも多いけれど、1/700の軍艦に比べたら全然たいしたことはないし、迷わず綺麗に取り付けられるところがよく出来ていると思いました。
f:id:Red-Comet:20140101192318j:plain
仮組み完了。いやまあマチルダも悪く無いですよ。
f:id:Red-Comet:20140102201507j:plain
缶スプレーのジャーマングレーで塗装。背景にあるのは、みにちゅあーとの洋館キット(作りかけ)です。
1/87 情景シリーズ 洋館-1 MK05-37

1/87 情景シリーズ 洋館-1 MK05-37

縮尺は1/86とちょっと小さめだけど、1/72と並べても違和感は感じませんね。誤差レベル。
これは厚紙を何枚も重ねて作るペーパークラフトなんですが、完成してみると紙とはとても思えない質感で、ちょっとお値段は張りますが納得の商品でした。これを組み合わせてジオラマを作りたいと考えています。
f:id:Red-Comet:20140110004217j:plain
缶スプレーで楽ちん塗装!と思ったけど、黒すぎるように思えたので,ジャーマングレーにライトブルーを混ぜて明るい色にしてみました。
f:id:Red-Comet:20140118104613j:plain
WoTのジャーマングレーはもっと明るくて水色みたいだけど、このぐらい黒いほうが好みかな。ちなみにガチャポンのワールドタンクデフォルメは缶スプレーそのままの黒さでした。一言でジャーマングレーと言っても、戦況や時期、使い古され方で色が変わっているとのことなので、好きに塗ったらいいんじゃないかと思いますw
f:id:Red-Comet:20140111021422j:plain
墨入れ完了。この瞬間、一気に質感が増すところがプラモ作りの醍醐味だと感じています。
f:id:Red-Comet:20140112032505j:plain
f:id:Red-Comet:20140112032441j:plain
f:id:Red-Comet:20140112045055j:plain
細部の塗り分けと汚しをして完成。市街戦に使う予定なので控えめに。
タミヤメイクアップ材シリーズ No.79 タミヤ ウェザリングマスター A (サンド) 87079

タミヤメイクアップ材シリーズ No.79 タミヤ ウェザリングマスター A (サンド) 87079

ウェザリングマスターCセット アカサビ

ウェザリングマスターCセット アカサビ

ウェザリングにはタミヤウェザリングマスターを使っています。化粧をするみたいに簡単に色をつけられて、そのまま定着してしまうのでとても便利でした。
 
こうなったら早くジオラマを作りたいのですが、勢いに任せてプラモを買いまくってしまったので、まずはそれらを組み立ててからになりそうです。次回はキングタイガー!