読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パワプロクンポケット12

想像のはるか斜め上を行く面白さだった。

表サクセスはまだ2人しか作ってないけど、とにかくシナリオがブラックで面白すぎる。改造手術を受けてる人が普通に出てきたり、彼女候補の女の子が実は正義の味方*1だったり、突然命を狙われてみたり、野球要素よりアドベンチャーゲームとしての面白さがすごい。一周目は警察に逮捕されてゲームオーバーになってしまったけど、プレイヤーの度肝を抜くにもほどがあると思う。
 
ひさびさのパワポケだけど、タイミングをあわせてバットを振るだけの『フルダケ』システムによってアクションパートがすごく軽減されたのが嬉しい。打高投低なので普通にミートで打ってもヒットは出せるけど、負けてゲームオーバーになると悲しいので助かっている。
その分もらえる経験点が低いのでロクな選手にならないんだけど・・・。
ただ、ダメ選手であってもクリアするともらえる『パワポケポイント』をためておけば、後でサクセスに挑戦する際に「パワーが上がりやすくなる」「疲れがたまりにくくなる」などのアイテムを最初から持っていけるようになるので無駄にはならない。
 
裏サクセスはまだ途中だけど、本格的な3DダンジョンRPGとなっていて、これがどうやって野球選手と関連してくるのか不明。というかこのゲームは本当に”野球ゲーム”なんだろうかとすぐに迷う。
敵の落とした道具から錬金術で武器やアイテムを合成とか、前衛後衛の概念とか、クエストを受けてダンジョンに挑戦とか、ちょっと世界樹っぽい。これだけ単体で売れるレベルだと思う。
 
野球以外の要素がものすごく充実している印象だけど、実は野球部分もすごくて、携帯機では初代パワプロクンポケット以来な自分にとっては、目からウロコなんてもんじゃないです。選手の顔写真が出たり実況中継が入ったり、携帯機でこれだけやっちゃうのかと感心です。
12月にはゼルダ買う予定なんだけど、詰みゲーになりそうで怖いなあ。
 

田村典子編クリア


同じアパートに住む中学生の父親代わりとなって将来的には結婚とか素敵過ぎるだろ・・・。
彼女からは”超特殊能力”という他では手に入らない能力をもらうことができるんだけど、死んだお父さんから『呪縛』(相手走者の走力が下がる)をもらうというブラックジョークが凄い。
 

パカーティ攻略中

比較的簡単に攻略できるとはいえ、誕生日プレゼントがティッシュで作った花とか・・・。好感度70では足りなかったのかなあ?
 

小池雅美編クリア

彼女候補が中学生から30代子持ちまで幅広すぎる。
攻略Wikiにはまさみがネットカフェに引きこもってしまったらゼットをパワーアップさせるように書いてあるけど、パワーアップするのはまさみが彼女になってからなのでちょっと違うと思われる。しかも、予選2戦目の前にパワーアップできたのでジコーンズとの因縁も関係ないっぽい。
ファンタジーうろつき×2→戦場うろつき→スポーツうろつき、までゼットのイベントをこなしていれば大丈夫そう。
 
超特殊能力は『鉄腕』(試合中最高球速が上がる)なので、速球派でためすといいかも。誕生日イベントでは『重い球』または『しり上がり』を確認。

*1:というか人間ですらない