読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝防衛! 第22期竜王戦7番勝負は渡辺竜王が4連勝

将棋

今年の竜王戦を振り返ると、全局とも渡辺竜王が圧倒的な指し回しで完勝したように感じます。内容的には難しい将棋*1であっても振り返ると圧勝に思えるのは、渡辺竜王が高橋九段の言う「王者の手」を常に指し続けているからかもしれません。
 
相手が曲線的な手(本局の△2二角のような)を指してくるのに対し、竜王の方は指されてみると「それしかない」と思える正統派の手を指して勝つパターンがここのところ増えているのは、それだけ対戦相手から「普通に指していては勝てない」と思われているからなんでしょうか。
 

ハイライト

地味にいい手だな、と感じたのはこの一手。

▲5八にいた金をさりげなく玉の反対方向に寄せるこの手が、地味に後から効いてきたように思えます。この手がなければ

この局面では▲同歩と応じるしかないので△1三角を狙われていたし(本局では当然▲同金)、

また、ここで▲6六歩として後手角の効きを弱めることもできなかった。
普通だったら▲6八金と玉のそばによせて使いたくなる金を右に使ったことと、それによって左辺が弱いとみせかけて△2二角を打たせたあたり、盤上この一手だと感じました。
 

最近の渡辺竜王

このところ何度も書いているような気がするけど、最近の渡辺竜王はどんどん進化しているように思えます。自分だけ鎧をがっちりと着込んで敵と切り合うような将棋から、相手の刀の切っ先を薄皮一枚切らせて一刀両断するようなスタイルに代わってきていて、そのための読み、相手の攻めの限界を見つける読みの鋭さが一局ごとに増している気さえします。
 
見事、前人未到の竜王戦6連破を果たしたわけですが、ファンとしては竜王戦防衛は折り込み済みなので(笑)、2つ目のタイトル奪取*2またはA級昇格をなんとか頑張ってもらいたいところ。
 

画像多めでお送りしました

棋士の方が「1枚まで」と制限されているので、ちょっと多めに盤面画像を貼ってみました。渡辺明ブログも、今回の結果については一枚も画像を乗せないという徹底ぶりです(竜王戦七番勝負第4局。 - 渡辺明ブログ)。
自分のようなかじった程度のアマチュアだと、10手も進めば頭の中に盤面を思い浮かべるのが精一杯で、とてもその先の手を考えたりとかできない。だからたくさん盤面があった方がうれしいので、今回の将棋連盟の決定は一般の人と将棋との垣根を高くする行為にしか思えません。いまだに連盟HPには何の音沙汰も無いし、どういうつもりなんだろうか。

*1:午後のおやつに注文したモンブランに最後まで手がつかなかったことを思えば、周りが思うよりも難局だったのだろう

*2:今年度はまだ王位戦が残っている