読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画面が大きくなった「ニンテンドーDSi LL」が11月21日発売!

日常

日経GJ。

任天堂は、「ニンテンドーDS」シリーズの新モデルとして、上下画面ともに4.2インチのTFT液晶を採用した「ニンテンドーDSi LL(ディーエスアイ エルエル)」を2009年11月21日にリリースする。価格は20,000円。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/29/059/?rt=na

DSiの3.25インチから比べて大幅アップ。公式ページ(ニンテンドーDSi LL)を見ると旧型とのサイズ差がよく分かる。
 
最近うちのDSが妻の立体ピクロス専用機になっているな、と思っていたが、良く考えたら彼女のために買ったのを自分が借りて遊んでいただけなのだったことを思い出し、買い増ししようと思っていたので渡りに舟だった。
基本的に家の外にDSを持っていって遊ぶことはまずないので、大きくなることの支障は無さそう。でも重量が214gから314gへと100gも増えているのは心配だ。
画面の大型化はお年寄り向けだと聞いているし、確かに”脳トレ”系のゲームはテーブルにおいて遊ぶことが多いので、重くなっても問題ないと考えているのかもしれない。LRボタンを激しく使うアクションゲームなんてプレイしたら一度に腱鞘炎になってしまいそうだ。
解像度が変わらずに画面だけ大きくなると画質の劣化が目立つような気もする。LiteからDSiへの拡大はむしろ目に優しい印象だったけど、これだけ大きいとアラが目立ってくるのかも。
 
というわけでひとまずペンディング。この発売に合わせてDSiを16、800円くらいで売るようにならないかな〜。