読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜にはもっと深い夜を/鳥居みゆき


病んでいる感じが出ていて面白かった。脳内思考垂れ流しの文章がテンポ良く、死と病に満ちている内容なのになぜかサクサク読めてしまう。この『病んでるグルーブ感』は芥川賞の『乳と卵』を彷彿とさせるなあ。
文章だけでなくイラストも独特のセンスが出ていて良かった。鳥居みゆきのテレビでは出し切れない凄さが分かる一冊。
 
はてな年間100冊読書クラブ 224/229)