圧力をかける日々

誕生日に買ってもらった圧力鍋が大活躍だ。というのも妻が先週からずっと風邪で具合が悪いため、代わりに料理を作る機会が増えたから。中華粥におでんにポトフにブリだいこん、栗まで煮れるのだから最高だ。
嬉々としてレシピを探す夫の姿を見て
「ほんと、買った甲斐があったわ」
と呟いていたが、確かに今までもらった中で一二を争うぐらい楽しんでいる。争っている対抗がイージースモーカーというのもどうかと思うのだが・・・。
 
料理をするというと「すごいねー」と言われることがあるけど、個人的には化学実験の延長、しかも成果物が食べられるというところが楽しくてやっているので、別に偉いことではないと思っている。説明書を見ながらプラモを作ることと、レシピを読みながら料理を作ることは等価ではないか。
ただ、普段なら思い立って急に作るところを、こう継続して料理を作るようになると別の楽しさも見えてくる。スーパーで食材贖罪を見ながら、
(大根がまだ半分残ってて、そうだ、ネギは悪くなりやすいから先に使おう)
などと考え出すともはやマネージメントの域に達し始める。いきなり「角煮が食べたい!」と思い立って豚バラかたまり肉を買うのとはわけが違う。なかなか奥が深い。
 
掃除洗濯さえなければ(皿洗いと料理はやる)主夫も悪くないんだけどな・・・。

広告を非表示にする