読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どき魔女ぷらす、絶賛攻略中

いままでギャルゲーというものに手を出さずに今まで生きてきたわけだが、つくづくそれで正解だったと思う。若いうちにこんなものに染まっていたら道を踏み外しかねない、としみじみ思うぐらい面白い。
キャラは本当にベタな設定になっていて楽。幼なじみでメガネっ娘で委員長(安倍まりあ)とか、

巫女でメイドでツンデレ(御堂あやめ)とか、

とにかくテンプレ通り。だが、それがいいとも言える。これが、「ヒロインは『対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース』ですよ」と言われたら単行本1冊ぐらい費やさないと魅力が伝わって来ないわけで。それをあっさりと「ここが萌えどころだな」と受け手が感じ取れる方が正しい。

二人並ぶと最強。

そういえば、ツンデレってどのキャラも髪の毛の量がやたら多いと思うんだけど、気のせいだろうか。柊かがみ秋山澪も、逢坂大河もそうだな。
 
本命はレトロゲーマニアの小田れんげだったんだけど、どうやられんげEDを見るために必要なアイテムを取り逃していたらしい・・・。

むぅ、残念だ。悔しいがここは涙を飲んで二周目に期待。さて、誰を攻略しようかな。
 
続き