餅は餅屋

最近のヘビーローテーションPerfumeの『トライアングル』とけいおん!の『放課後ティータイム』なのだが、このふたつを聞いていてあることに気がついた。それは、
「声優が歌うと歌詞が聞き取れない」
ということ。
 
Perfumeはこのアルバムを聞くまでテレビで何度かしか聞いていないのにもかかわらず、結構そらで歌えたりするのだが、けいおん!の方はかなり聞き込んでも全然歌詞がわからない。メロディーは憶えてても歌詞が頭に入らないのが不思議。
 
前に、もともと声優じゃない人が声優をやると何を言ってるのか聞き取れない、ということをこの日記に書いたと思うけど、同じようにもともと歌手じゃない人が歌を歌うと何を歌ってるのか聞き取れないんだなあと分かった。同じく声を出す職業でも、声優と歌手ではずいぶん違う。
アニソンでもMay'nみたいにちゃんとした歌い手だとやはり聞きやすい。対する中島愛がバラードばかりなのも、聞きやすさを重視した結果なのだろうか。
 
ただまあ、アニソンの場合は”唯(ないしは澪)が歌ってる”ということが大事であり、歌詞は二の次でしかないから良いという側面もあるけど、声優で何を言ってるかわからないとそもそものストーリーが分からないわけだから問題はもっと大きいのであるが。

広告を非表示にする