発想が古い

Willcomの新機種が発表になったんだけど、音声通話無しのネットワーク端末というすっ飛んだ代物だった。
厚さ1.1cmで4.1型液晶が乗って気軽にインターネットが楽しめる物が求められているというのはその通りだと思うけど、iPhoneが存在する現在、音声通話もワンセグもお財布も何も無いものを出されても「誰うま?」と思ってしまう。出るのが2年ぐらい遅かったな。
D4がうまくいかなかったのを見て諦めることはできなかったんだろうか。経営判断もヤバいんじゃない?
まあ、確かにD4よりずいぶん安いけどさ、月々2,980円(本体価格コミ)を携帯電話代とは別に払って、携帯より多少快適にブラウジングしたいと感じて買う人がたくさんいるのだろうか。激しく疑わしい。
 
例年6月くらいにW-ZERO3シリーズの新作発表があるんだけど、そこでぐっとくるものがなければDocomoに乗り換えだな。それだけTG01に傾いている。

auの方が好きだけど、個人向けのスマートフォン出してないのが難だ。タッチパネル無しには生きていけない体になってしまったのです。

広告を非表示にする