まだまだ現役

冬も終わりかと思って冬用のコートをしまったらこの寒さですよ。夜9時の電停は紅蓮地獄のように寒かったけど、今日はこいつを持っていったおかげで命拾いをした。

ハクキンカイロin伊右衛門茶豆巾着。
2chでも大絶賛されているだけあってとても都合がいい。色のセンスはもちろんとして、サイズもカイロにぴったりだし、紐が両側から締めれるのできっちりしばれて実用性も良い。袋の布がもともと付属しているフリースのものより厚いので熱が伝わってくるまで時間はかかるけど、その分初動で立ち消えする心配も無い。
 
紐でベルトに結んでズボンの中にいれてわき腹を暖めると、どんなに寒くても腹の奥からパワーが沸いてくる気がする。内臓のことを英語で「ガッツ」というけれど(ホルモンのガツの由来?)、内臓が元気だとガッツが出るのな。面白い。
 
そんなわけで今シーズンまだ現役で使っているハクキンカイロなんだけど、使い方が悪かったので最近どうにも点きが悪い。触媒に直接ライターの火を当ててしまったせいで、「火口」を痛めてしまったようだ。
自分の買ったBMという機種はライターが内蔵してあるのでライターを持ち歩かない非喫煙者にとっては便利なのだが、ジッポオイルだとうまく火がつきにくいらしい。無理やり点火するために長時間あぶったりしていたのが良くなかった。
たかだか560円の部品とはいえ、何シーズンでも使えるものなのでちょいと悔しい。ハクキン純正のオイルと混ぜて使えば点きがよくなるらしいので、秋になったら替えの火口と純正オイルを注文しよう。

広告を非表示にする