読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶ楽

タミフルすげーなー。もうほとんど平気だ。立って歩くとフラフラするけど、家にいる分には常人と変わらない。この調子で仕事に行っちゃったりするとちょいとした感染列島なんだろうな。それはそれでやってみたいような気もするのだが・・・。
 

カラスの親指

ゆるふわ系サスペンス。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

中年の詐欺師二人が暗躍する序盤は楽しいのだが、そこからどんどんぬるい展開になっていくのにゲンナリ。オチは凝っているけどそれ以前に「どうでもいいです」な気持ちに。
もっと血を!もっと肉を!もっと暴力を!
なまぬるすぎて逆に血がたぎる結果になってしまった。病人には向いていない本だ。
 
はてな年間100冊読書クラブ 167/200)
 

諸星大二郎乱れ読み

スノウホワイト グリムのような物語

スノウホワイト グリムのような物語

未来歳時記バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)

未来歳時記バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)

栞と紙魚子殺戮詩集 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

栞と紙魚子殺戮詩集 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

雰囲気がいいよね。
 

鈴木先生

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

"学校の先生"という職業が、つきつめていけばどこまでも深みにはまっていける恐ろしい職業だということを現した本(笑) 普通に起きそうな事件を普通の先生が解決に取り組む、ただそれだけの中身なはずなのに、どうして諸星大二郎以上に恐ろしく感じるんだろうか。
 

さらい屋五葉

さらい屋五葉 第5集 (IKKI COMIX)

さらい屋五葉 第5集 (IKKI COMIX)

オノナツメの中ではこれが一番好き。

広告を非表示にする