3連敗3連勝

先手番&矢倉の羽生に勝てる人間などいない!って絶望してたけど、相手は竜王だもんね。人間じゃないもんね。

竜王『ところでどうじゃ?ワシと手を組むのなら、勝ち星の半分をオマエにやろう。』
羽生『はい』
☆☆☆★★★★

こんな感じか。
それにしても、羽生に勝つには佐藤康光みたいな変態戦法をとるしかないと思っていたのに、正攻法で打ち破るとはすごい。タイトル保持者・防衛者の気合がこもった一局だった。

ここから3一玉、5一金とさらっと寄ったのが光る。この後の先手の手順には特に無理筋と思えるものも無かったので、この何気ない手で全てが決したといえるのかもしれない。急戦と見せかけてさりげなく固めるところがニクい。むしろ寄ったおかげで羽生の攻めを誘ったとしたのだとしたら、永世竜王は渡辺だ。
この3連勝を見るに、来週の竜王戦第7局は20年に一度の大勝負になるだろう。すごく楽しみだ。解説が「竜王といえばこの人」藤井猛九段なのは、主催者側もよく分かっていらっしゃる。こういうときにBSでオール生放送するぐらいの侠気があれば受信料ぐらい払(ry
 
大一番の裏側で加藤一二三段が訴えられてたのはご愛嬌。加藤伝説がまた、1ページ。

広告を非表示にする