読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを見ようとして

日常

”あるかないか分からないもの”を探すのは本当に大変だ。
有れば良いし無くても問題は無いけど、手ぶらで帰るのも気が引けるし、誰かに偶然見つけられてしまっても困る。だから大きい道路沿いだけ確認すればいいはずの業務なのに、奥の路地奥の路地へと入り込みその挙げ句に見つからないという悪循環に陥っている。一体どうしたら良いものか。
 
それにしても最近交通安全の取り締まりが厳しいね。仕事中は基本鬼のような安全運転なので自分は問題ないけれど、ほそ〜い路地で息をひそめて一時停止違反の車を見張っている白バイを見つけたりすると相当怖い。犯罪者ハンターだ。
冬になる前に見せしめで捕まえておくと、噂を呼んで路面がツルツルになるころには安全運転になっているという目論見だろうか。それは良い方に解釈しすぎか。
 
普通の交通違反も迷惑だけど、それより路上駐車をガンガンひっぱって行ってほしいな。雪が降ったら道幅狭くなって最悪なんだよね。除雪の邪魔にもなるし。一時期は民間委託とか、駐禁じゃ無い場所でも長時間置いておくと違反だとかで騒いでたけど、ほとぼり冷めたら元の木阿弥で路駐天国になってる。
警察の手が足りないんだったら、「路駐の車は戦車で踏みつぶしておk」法を成立させて、おれに90式を一台貸しておくれよ。バリバリ踏みつぶしまっせ。