読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超大陸が離れない

日常

今日は外勤でずっと一人だったので、ずっと妄想にひたっていた。ハリウッドあたりならちゃちゃっと映画化できるんじゃないか、超大陸ロディニア
 

オープニング

木星軌道上。
ソーラーセイルによる初の恒星間旅行が行われようとしている。数カ月かけてゆっくりと展開された、半径10kmの単分子の帆。進水式の様子が、地球、月、宇宙コロニーに住む人々に中継される。荷電され、輝き始める帆。ガニメデ基地から照射されたビームを受けて徐々に進み出す。
 
テレビのモニタ。
木星を徐々に覆い隠していく銀色の円。その円の上部に突如黒い線が横切る。黒い線の上側は弧を保ったままだが、下側はアルミホイルのようにくしゃくしゃにゆがんでしまう。
 

本編

なんだかんだあって”時空断層”みたいのが地球に向かってきていることが判明。通り道にあるものは別の宇宙へ送られてしまうぞ、と。最初は月政府やコロニー自治区は素知らぬ顔をしていたが、地球が分断された後のデブリによって、結局ただではすまないと分かって騒然となる。
地球分断までわずか1年。人類が生き残るためには分断される地球の小さい方を宇宙船にして、違う恒星系へ脱出する他ない。その大陸、現代の方舟の名は『超大陸ロディニア』!
超大陸に乗れるのはわずか100万人。世界中で”選別”が始まる。死なばもろともとばかりにテロリストが侵入したり(それと戦う主人公)、新興宗教がはやったり(主人公の妹が勧誘されたり)、そのほかの方法で逃げ出そうとする人々(ロシア製の宇宙船はあわれ空中爆破。目を覆う主人公たち)。
 

山場

時空断層が地球に到達。幅1kmの刃が、音もなく東京の街を切り裂き始める。その下には例の宗教の信者がひしめきあっている。断層の下にいた人々は一瞬にして消え失せるが、運悪く境界線上にいた人々が体の一部を失ってのたうちまわる。すぐに轟音とともに溶岩が吹き出し、彼らを飲み込み、やがて地面が崩れ始める。
主人公は新興宗教にはまった妹を助けるため、断層の裏側に集結した集団の元にいた。妹の手をとって逃げ出す主人公。だが最後の瞬間手をふりほどいて彼女は寂しげに笑う。腕を伸ばして彼女を助け出そうとするが、その手ごと時空断層にのみこまれてしまう。あわやのとことで恋人が主人公を助け出す。
 

ラストシーン

マントルの圧力を受けて地球の”ふた”部分がはずれ始める。ふちの部分をばらばらと崩れ落としながら、徐々に超大陸の姿が露わになる。超大陸を覆うドームの突端に立つ主人公と恋人。その視線の先には『アルファケンタウリ』
カメラがぎゅいーんとアルファケンタウリの地表にうつり、怪しげなジャングルと謎の生き物たちを映し出す。ここでto be continued(続くんかい!)

広告を非表示にする