読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなツンデレ

古家正亨トークショー BEATS-OF-KOREA!!』というイベントに行ってきた。
韓国には特に興味ナッシングなんだけど、人からチケットをもらった手前行かざるを得ないのだ。もらえる物はなんでももらう、って哲学はそろそろ捨てたほうがいいのかも・・・。
抽選会もあるし、チケットの半券は大門横丁のドリンク券に換えれるというのでそっちを楽しみに出かけたんだけど、当日はあいにくの雨。っていうか嵐(泣) じっとりと湿った空気の会場は、うしろのおばちゃんのニンニク臭い息のせいでなお居心地が悪い。
 
古家正亨さんはノースウェーブのDJということだったんだけど、活動が韓国関係しかないので在日の人だと思ってた。顔はそれっぽいけど違うらしい。だけど完璧に韓国マンセーで、それはちょっとうざかった。
韓国人でも中国人*1でもアメリカ人*2でもどの国の人でも、わざわざ日本に来て「日本に比べて○○はこんなに素晴らしいのだ」っていう人は嫌いだね。
 
だけど、開会に先立って市長が言うには、
韓国から日本への旅行者=260万人
日本から韓国への旅行者=240万人
これだけでも韓国>日本なのに、日本の人口は韓国の3倍あるから渡航者の割合でいうともっと広がるらしい。それを聞いて思わず、
 
どんだけツンデレだよ!
 
って思った。超日本好きじゃん。
そういうえばバナナマンの設楽さんが、韓国にロケに行ったら現地の女の子からすごく声をかけられたって言ってた。日本語で「いつも見てます」って。普通の人のレベルでは、かなり日本好きな人が(それこそヨン様ファンのおばちゃんたちと同じくらい)いるわけで。
そう考えるとわざわざ日本のことをこき下ろす人も、日本のことが好きすぎて、でも自国のことが好きな自分もいて、そのせいでツンデレっちゃうのかな、と理解できなくもない。
 
抽選会は悔しくも外れ。ぐぬぅ。もれなくもらえる辛ラーメンだけを手にして、とぼとぼと会場を後にしたのだった。

*1:宋文洲とか

*2:デープ・スペクターとか

広告を非表示にする