読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1週間遅れ

日常

先週伊集院さんが言っていたごま豆乳鍋をようやく手に入れることが出来た。今日は鍋の日。鍋の具は牡蠣としらたきと大根と白菜としめじです。ネギだけでもうまい!と言われてたスープの味はどんなもんかいな、と食べてみると、
 
超うまい!
 
豆乳鍋でさえ21世紀最大の発明(鍋部門)だと思っていたところに、ゴマも加わってまろやかの二重奏ですよ。昆布の出汁もよく効いていてすごく良い。これを探して市内のスーパーを巡った甲斐があったな〜、としみじみ思います。
 
牡蠣を食べ終わったら鶏モモ肉とうどんを入れて二回戦に挑んだけど、食べ終わるころにはすっかり汁がなくなっていました。これは伊集院さんが奥さんと「スープを多く飲んだ飲まない」でケンカをするのも無理はないかな、と。普通に食べてもなくなっちゃうんだから。
 
ちょっと前までは鍋と言えばこういう鍋の素を使っていたけど、最近は自分で味付けすることの方が多かった。鍋は結構高上がりなので、自作した方が安く済むというのもあるけど、手作りでもそこそこの味は出せるのです。例えばこんな感じ。
 

豚肉とキャベツのピリ辛豚汁風鍋

 

  • 鍋に水を張って、昆布をひとかけら入れて火にかける。
  • その間にジャガイモを切ってレンジでチンしておく。
  • 水が沸騰したら火を止めて味噌を溶きいれる。味噌汁くらいの濃さ。
  • 豆板醤をいい感じに入れる。
  • キャベツと豚肉とジャガイモなどの野菜を入れてしばらく煮て完成。

 
味噌の濃さを見るときは、単に味噌っ辛い!って思うだけだったのが、煮ているうちに豚肉の脂が染み出して他の具材にいきわたると、びっくりするぐらいまろやかになっちゃうのだ。このおいしさと手軽さを知ってから、ほとんど週一で食べている。そのぐらいおいしいです。
ところで、ジャガイモは煮る前に加熱しておくのは、煮崩れを防ぐ時の豆知識。肉じゃがとか作るときも使えるらしいぞ! お試しあれ。

広告を非表示にする