読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しみじみ面白い

読書

 これで3作目だけど、読み終わるたびにじわじわと自分が伊坂ワールドにはまっているのが分かります。

チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)

 特に今回印象に残ったのが"陣内"というキャラクター。各話ごとに違う登場人物からの視点で物語が進行していくのですが、物語の中心となっているのが陣内です。主役にはならないけど周りに絶大な影響力を持つところ、傲慢だけど純粋で憎めないところなど、なにか既視感があると思ったら『砂漠』の西嶋のことが思い当たりました。
 多分伊坂幸太郎が投影されているのが陣内であり西嶋なんだろう。作者自身の理想像というか、雑誌のインタビューで見た鼻持ちなら無いというか(笑)、自信満々に映っていた写真を思うとそんな感じがしました。
 
 出張中の汽車の中で全然本を読めなかったのが残念。
 やっぱり隣に人がいるとどうも、ね。

18/100

広告を非表示にする