発芽!

 不安だったハバネロたんがついに発芽! 種まきから1週間で今のところ2つの芽を確認しています。意外と順調そうで安心しました。というのも種を撒いてからずっと気温の低い日が続いていたからです。なんといってもハバネロは南洋の植物ですから、ある程度気温が無ければ育ちません。日のあたるところに置いて暖めたのが功を奏したのでしょう。
 
 新兵器のジフィーセブンは扱いやすくて気に入りました。朝会社に行く前に触ってあげて、カサカサだったら水をあげ、しっとりだったら帰ってからまた確かめてみる、と、普通に土に撒くよりは管理が楽っぽい気がします。自分のようにものぐさ人には向いてるかも。これが上手くいくようだったら今度は、最近グリーンカレーにはまっているのでタイハーブでも育ててみようかと考えています。
 

ハバネロの意外な大敵!

 タイハーブについて調べていたら意外な記事を見つけました。

 ハバネロ(超激辛トウガラシ)
世界でもトップクラスの辛さをもつトウガラシです。
独特の風味と強烈な辛さのみではなく、ピーマンを小型にしたような愛らしい果実は、観賞用としても楽しめます。
熟した果実は濃橙色から赤色です。

※ トウガラシ属は、その生育環境により、実の形状や辛味、風味などがそれぞれ異なる場合があります。
また、タバコモザイク病にかかりやすいので、喫煙者の取り扱いは禁忌です
http://www1.neweb.ne.jp/wa/asiafoods/herbsale.htm

 タバコを吸ってる人ががハバネロを育てたらダメだったとは!? 自分もmonksiiruさんも禁煙してからハバネロやハラペ〜ニョを育て始めたわけですが、もし順序が違っていたら大変なことになっていたんですね。あまりの偶然にびっくりしました。
 逆にこの特徴から、今後ハバネロが禁煙のシンボルになると面白いですね。「タバコをやめてトウガラシを育てよう!」みたいなキャンペーンなんて無駄に楽しそう。禁煙した人に勧めてみようっと。

広告を非表示にする