東京小説

 そういうジャンルの本があれば、これだと思う。村上春樹が『遠い太鼓』の中で無粋な編集者から書けといわれていた東京小説。まさか実在するとはね〜。

また会う日まで

また会う日まで

 東京に住んでいる人からすれば「あ、こういう風景あるよね」、そうじゃない人からすると「東京ってこんななのか〜」と思うような。まあ、ただそれだけの本です、要するに。ヤマもなく、オチも無く、思想も無く。
 内容を知らずにタイトルだけで本を読んでいくといずれは合わない本に出会うと思ってたらついに来ました。意外と面白いのが続いたので合わない本があるって事実に気づかなくてしばし呆然としてしまいました。「こんなはずはない」って。「自分が絶対に読まない本」を読んだという意義はあるので良いですけど。
11/100

広告を非表示にする