読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定変更(いい方に)

 帯広→サホロ間が大変そうだと思っていたら、すぐに近くに新得町総合体育館を発見! この体育館はラリージャパン観戦者のために無料開放しているのです。ラッキー♪ 問題は、深夜に目覚ましかけて迷惑にならないか、というところ。ここに泊まるってことはレラカムイかシピリカキム狙いだろうし、まあ大丈夫だと思うんだけど。
 
 ということで多少スケジュールが変更。帯広SSS→夕飯→温泉→新得町総合体育館、と。寝れる時間はあまり変わらないけど、起きてから目的地までの移動が短くてすむことと、何と言っても床の上で寝られることが嬉しい。車内泊がしにくいことが我がロードスターの唯一の欠点でして。次は後部座席がある車を買おう。206CCとか(またオープンカーかよ!)
 
 さていよいよ明日からラリージャパンが始まります。予習の意味も込めてここでエントリーリストを再確認しとこう。

No ドライバー 車両
1 M セバスチャン・ローブ シトロエン クサラ
2 M ダニエル・ソルド シトロエン クサラ
3 M マーカス・グロンホルム フォード フォーカスRS WRC06
4 M ミッコ・ヒルボネン フォード フォーカスRS WRC06
5 M ペター・ソルベルグ スバル インプレッサWRC 2006
6 M クリス・アトキンソン スバル インプレッサWRC 2006
7 マンフレッド・ストール プジョー307WRC
9 M マシュー・ウィルソン フォード フォーカスRS WRC06
10 M L. Perez Companc フォード フォーカスRS WRC06
14 新井敏弘 スバル インプレッサWRC 2006
33 P 奴田原文雄 三菱ランサーエボリューションIX
80 田口幸宏 三菱ランサーエボリューションIX
90 山内伸弥 三菱ランサーエボリューションIX

 
 注目は何と言ってもマーカス・グロンホルム! 逆転優勝は難しいけど、後半の巻き返しに期待したい。去年の優勝が"ミラクル"だけでないことを日本のWRCファンに見せつけてやってほしい。
 それから新井敏弘の活躍も見逃せない。わざわざPCWRCをパスしてWRカーを駆るんだから、生半可な成績じゃ許せないね。何が何でもポディウムに入るように! 奴田原選手も新井がいない今回はチャンスが大きいに違いない。
 最後はカーナンバー80と90の、ベストカーフェネックラリーチームに個人的に大注目です。竹ちゃんマンがいないのは残念だけど、今年もサービスパークに見学に行こうっと。代わりにテリー伊藤が見れるかもしれない。