ゼロ3で読書

ブンコビューアーと青空文庫のコラボが最強。最近は夏目漱石ブームです。

草枕 (岩波文庫)

草枕 (岩波文庫)

Amazonへのリンクを張っちゃったりしてるけど、青空文庫では著作権が切れている本は"無料"でダウンロードできます。読み放題です。すごいです。いつでもどこでも、手元に何百冊もの本を持ち歩けるいうこと。うはは。
発表が50年前の本に限定されるので相当古いとはいえ、いわゆる文学作品が好きな自分にとっては極楽です。作品の数に関しては問題なし。芥川竜之介有島武郎太宰治森鴎外と揃っているので読み終わるまでに果てしてどれだけかかることやら。むつかしいのにあきたらコナン・ドイルだってある。有料な割りに品揃えが少ないパピレスを使うことは当分無いだろう*1
 
その代わりといっては何だけど、以前より2chを見なくなった。京ぽんの頃は常時Operaを起動していて、寝ては2ch、さめては2chの毎日だったが、ぽけギコを使ってもむしろ閲覧性が悪くなったおかげで、ゼロ3ではほとんど見ることが無くなった。健全でいいことなんだけども。
 
このおかげで昼休みに「またケータイいじってるのか?」とまぜっかえされたときに、「読書ですよ。最近また漱石の新三部作を読み返したくなりましてね」と返すことが出来た。ふふふふふ。そういえば高校生の頃、わざと小難しい本を選んで授業中に読んでいたことを思い出した。教師から「なに読んでんだ!」と言われて見せる"精神分析入門"。基本は変わらないもんですね。トホホ。

*1:ダウンロード販売の癖に普通に文庫本を買うのと同じ価格ってのは正直どうかと思うし

広告を非表示にする